中江滋樹に妻と子供がいても倉田まり子が愛人?パソナに助けてもらっていた

エンタメ

投資ジャーナルの中江滋樹さんは

小学5年生の頃に映画会社の株を買い大儲けして

高校生で1000万円以上も稼いだことで

本格的に株の世界に飛び込んだ

世界でも有名な方です。

天才相場師とも呼ばれています。

しかし、中江滋樹さんは、

テレビ出演の回数が多く

ド派手な方だったようです。

投資ジャーナルとパソナの闇は深ったようですね。

さらには詐欺罪で逮捕されたり、

火事にあったりと、

61歳でなくなるまでの最後は

散々な人生だったようですよ。

実家は滋賀県ですが、

最後は葛飾区のアパートにいたようです。

そして、最後までブログを書いていたようで、

今でもそのブログは残っています。

【兜町の風雲児 中江滋樹 最後の告白】という書籍にも

中江滋樹さんの秘密が記載されてあったそうです。

 

中江滋樹さんは結婚して子供が5人もいたのに

アイドルの倉田まり子さんとの関係は

それ以上の関係だったのでしょうか?

ただの愛人だったのでしょうか?

スポンサーリンク

中江滋樹はアイドルの倉田まり子に7000万を渡していた!

中江滋樹さんは滋賀県出身の投資家です。

【投資ジャーナル】という会社を設立していました。

20人から始まった会社が、

最大で社員が5000人まで増えて

大企業になりました。

その時に社員の希望で

カルチャー雑誌【パルム】を作ることになりました。

その時の雑誌の表紙に【倉田まり子さん】を起用したんです。

当時、デビューしてまもない倉田まり子さんは、

表紙を担当してくれたら

見返りに中江滋樹さんが出資するという条件のもと、

倉田まり子さんはパルムの表紙を担当することを決めたそうです。

 

それがなんと、

1984(昭和59)年11月に

中江滋樹さんと倉田まり子さんの

ツーショット写真が『フライデー』に

掲載されてしまったんです。

 

しかも、投資ジャーナルから

7000万以上の資金が倉田まり子さんに流れていることも

報道されました。

 

実は、

倉田まり子さんには持病のある母がいました。

【お母さんに土地付きの自宅をプレゼントしたい】

という思いから、

土地付きの自宅を中江滋樹さんは彼女に購入したそうです。

しかし、お金はプレゼントではなく、

事務所の移籍料でした。

【年間2億円稼いでいるのに収入は1000万円程度しかない】

という倉田まり子さんの話を聞いて、

中江滋樹さんはプロダクションを作り、

倉田まり子さんを移籍させたそうです。

なので、愛人でもなんでもありません。

しかも、数回しか会ったことがないということでした。

中江滋樹さんは、愛妻家ですよ!!

スポンサーリンク

中江滋樹の相場師ランキングは何位?

中江滋樹さんは相場師として有名方でした。

どのくらい凄いのか知りたくて、

相場師の中でもランキングがあるのか、

中江滋樹さんはランキング何位なのか調べてみたんですが、

情報がありませんでした。

中江滋樹さんは、

逮捕されるまでは順風満帆だったのですが、

逮捕後、お金がなくなり、

反社会的勢力にお金を借りて投資で増やそうとしていました。

しかし、

その後投資は失敗に終わり、海外へ逃亡しています。

日本に帰ってきた時は、

家賃4万8000円の葛飾区のアパートで生活をされていたようです。

相場師とは、一旦その世界から離れてしまうと

相場を読む能力を失ってしまうのかもしれませんね。

スポンサーリンク

投資ジャーナルとパソナの関係

投資ジャーナルとパソナの関係ですが、

中江滋樹さんが仮出所したときにお迎えにきたのが

パソナのロールスロイスだったそうです。

パソナグループ代表・南部靖之氏は、

中江滋樹さんと盟友関係にあったそうですよ。

中江滋樹さんは顔が広かったんですね!!

スポンサーリンク

中江滋樹のブログ写真が麻原彰晃似!親戚なの?

中江滋樹さんと麻原彰晃さんの顔がそっくりだと

噂になっています。

親戚などという情報はありません。

そっくりな理由は、ただ単に顔が似ているだけでなく、

髭や髪型が似ていて、雰囲気もどことなく似ているのです。

なので、親戚だと言われても納得してしまいそうです。

スポンサーリンク

まとめ

中江滋樹さんについてまとめました。

アイドルの倉田まり子さんとは愛人でも案でもありませんでした。

中江滋樹さんには奥さんがいて、子供も5人います。

過去には様々な不幸がありましたが、

【兜町の風雲児 中江滋樹 最後の告白】によると

どれもハメられたようです。

若い頃はあんなにお金をもっていたのに

残念ながら最後はお金がほとんどなくなってしまったということでした。

悲しい結末ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました