マツコ会議の鳥取大盛りレストランなぜ閉店?どこ?他のデカ盛り人気店は?

こんにちはmeguです。

12月1日に放送される

マツコ会議という番組に

鳥取で大人気の

大盛りグルメ老舗レストラン

が紹介されます。

 

スポンサーリンク

その老舗レストランは、

今回閉店するそうですよ!

マツコさんは、

そのレストランの閉店最後の1日を

取材されるようで、

名物大盛りメニューを堪能するようです。

鳥取で人気の老舗レストランとは、

どこなのでしょうか?

また、閉店理由もきになるので

調べてみました。

マツコ会議鳥取で大人気の大盛りグルメ老舗レストラン閉店!場所はどこ?

今回マツコさんが訪れるのは、

鳥取市にある

地元で大人気の老舗レストランです。

その店名は、

「べるしい」

というそうです。

 

スポンサーリンク

この店は店主が

26歳の頃に始めたお店で、

今年で、40周年になる

老舗レストランなのです。

40年も続いたとあって、

地元民の愛するお店だったのです。

そのレストランが、

今回閉店してしまうとは、

何とも悲しいですね。

幼い頃からお店で

食事をされた方もいると

思います。

思い出のお店がなくなるのは

とても悲しいことと思います。

店主は、なぜお店を閉めてしまうのでしょうか?

その理由は、なんでしょうか?

マツコ会議鳥取で大人気の大盛りグルメ老舗レストラン閉店!その理由は?

今回地元鳥取市で愛されている

老舗レストランが閉店するのですが、

その理由はなんでしょうか?

気になるので調べてみました。

その結果、

「そろそろ体力的に

限界があるからお店を

閉めようと思う」

という理由だったようです。

店主は今年66歳です。

年齢とともに感じる

身体の衰えは

隠せないようですね。

とても残念です。

跡継ぎは

いなかったのでしょうか?

誰か、今からでも

遅くないので、

後を継いでほしいところです。

べるしいの場所や閉店日はいつ?名物は?

べるしいの詳しい場所は、

鳥取県鳥取市緑ヶ丘1-11-11

です。

出展:ストリートビュー

元々、鳥取駅前の

映画館ビル2Fに店舗があったそうで、

ここに移転したそうです。

 

スポンサーリンク

営業時間は、

11:00~21:30

定休日は、

第三木曜日です。

 

スポンサーリンク

特に人気なのは、

スペシャルカツカレー大

1100円です。

お米は、4合分あります。

サイズを大・中・小から

選ぶようです。

その他にも大盛りメニューがあり

スパゲッティもあります。

中盛りは、乾麺300g

だそうですよ!

かなりありますね。

グラタンライスドリアも

かなりの量のようです。

お米がお腹にどしっときそうです。

このような名物なお店がなくなると、

鳥取市で次に名物になるのはどこの

お店になるんですかね?

閉店の日は、

11月3日だそうです。

もう閉店されているんですね。

放送をみてから

行こうと思っても

閉店してます。

残念です。

できれば、

閉店前に放送して

ほしかったですね!

鳥取デカ盛りのお店で人気はどこ?

鳥取は、現在デカ盛りのお店が

増えているそうです。

ちょっとしたブームにも

なっているようですよ!

人気の店は、

・中華飯店青葉

丼や定食が人気!

鳥取市賀露町北4-1-2

定休日・火曜日

・ラーメン・つけ麺笑福 米子店

醤油豚骨スープが絶品

野菜とチャーシューがデカい!

米子市陰田町656-1

無休

 

スポンサーリンク

・まつやホルモン店

ホルモンうどんが人気

鳥取市吉方温泉4-432

定休日・日曜・祝日・火曜日の昼

・レストランビリーブ

洋食料理はどれも美味しい

鳥取市湖山町北1-419

定休日・水曜日

があるそうです。

中華からホルモン店まで

様々なジャンルのデカ盛りのお店が

あるそうです。

私は、ホルモン店に

行ってみたいですね。

たべきれる自信

はありません(笑)

マツコ会議鳥取で大人気の大盛りグルメ老舗レストラン閉店のまとめ

今回、マツコ会議にて

鳥取市の老舗レストランが

紹介されます。

このレストランは、

地元ではデカ盛りのお店で

有名で、ファンも多く

人気のレストランなのです。

そのお店が11月3日で閉店する

ということで、

マツコさんが、

閉店前に名物デカ盛りメニューを

食されます。

 

スポンサーリンク

ここのお店では、

1番人気なのが

スペシャルカツカレー大

というカツカレーです。

かなりの量があるのですが、

ぺろりと食べてしまえるくらいに

美味しいそうです。

店主が26歳の頃から

営業され、

一度移転も経験されている

老舗レストラン。

なくなってしまうことで

とても寂しい思いをされている方も

おられることと思います。

跡継ぎの方はいないようですね。

店主は、

体力的に限界なようです。

いままで活躍されてきた分

ゆっくりと

休んでほしいです。

40年間お疲れ様でした。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336