人間に近い猿ボノボ(ピグミーチンパンジー)が絶滅危機!天敵やカンジの現在は?

こんにちは。meguです。

7月14日に放送される

天才志村どうぶつ園

という番組で

人間に近い動物といわれている

ボノボ(ピグミーチンパンジー)が

紹介されます。

現在、絶滅の危機に陥っており

アフリカ・コンゴ民主共和国

にしかいないようです。

 

スポンサーリンク

人間の言葉を理解する

カンジくんも

話題になりましたね。

他のチンパンジーとは

違い、ボノボは平和的で性行為も

人間に近い社会的なサルなのです。

そんな、ボノボの天敵や

カンジくんと

妹のパンバニーシャの今も

合わせて調べてみました。

ボノボの生態は?wiki風プロフィール

名前:ボノボ(Pan paniscusピグミーチンパンジー

分類:ヒト科チンパンジー属 霊長類

生息地:コンゴ民主共和国中西部 熱帯雨林

体長:オス73~83cm、メス70~76cm

体重:オス39kg、メス31kg

食性:雑食(植物の葉、芽、蜂蜜、昆虫、ミミズ、小型爬虫類、小型哺乳類)

寿命:約40年

ボノボは、

ピグミーチンパンジーとも言われていて

チンパンジーよりも

身体が小さいです。

食べ物は、何でも食べます。

主に、植物が多いようですが

たまに集団で狩りもするようですよ。

驚いたのが

直立二足歩行が得意なようで

食物を運ぶときなどに

数十メートル

直立二足歩行することもある

そうです。

人間みたいですね。

子ザルが大人になる過程は、

授乳期間は4年

生後8-11年で思春期を迎え、

生後14年で初産を迎えるようです。

寿命は40年と考えられています。

動画をみると

人間みたいです。

 

スポンサーリンク

ほのぼのとした環境で生活している

様子がうかがえます。

ボノボの天敵は?

現在は絶滅危機にさらされている

ボノボです。

天敵は、なんといっても

食料にする為捕獲し

開発や内戦による生息地の破壊

を行う人間ではないでしょうか?

今では、

ワンバ地区を保護区と

指定されてます。

チンパンジーとの違いやカンジくんの今は?

次のページへ!

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336