かもめんたる(岩崎・槙尾)怖い不祥事事件って?キングオブコント後消えた理由は?

お笑い芸人

漫才でキングオブコント2013に出場し優勝した

岩崎さんと槙尾さんの芸人コンビ

かもめんたるはその後ブレイクせずになぜ消えたのでしょうか?

また、かもめんたるに起こった

怖くて狂気な不祥事事件という噂があるのですが、

どんな事件だったのでしょうか?

スポンサーリンク

かもめんたる岩崎と槙尾の大学や結婚は?wiki風プロフィール

コンビ名:WAGE→劇団イワサキマキオ→かもめんたる

メンバー:岩崎う大(岩崎宇内)槙尾ユウスケ(槙尾 祐介)

結成日:2007年

出身大学:二人共早稲田大学

出身校:NSC東京校6期(う大)

事務所:サンミュージック

かもめんたるのメンバー、岩崎さんと槙尾さんは

早稲田大学時代にお笑いサークルWAGEに所属していました。

所属されていた頃から二人でコンビを組んでいたこともあったようです。

う大さんだけは、大学3年の頃にNSCへ入学されています。

WEGEが解散したあと、槙尾さんが岩崎さんを誘って

劇団イワサキマキオを結成されます。その後コンビ名を変更され、

かもめんたるになりました。

 

受賞歴

2012年:キングオブコント3位

2013年:キングオブコント優勝

2016年:キングオブコント5位

2018年:シモネタGPグランプリ

 

二人は現在結婚をされており、お子さんもいます。

スポンサーリンク

かもめんたるキングオブコント後に消えた理由は?

かもめんたるは、キングオブコント2013で優勝をされました。

さあ、ここから売れっ子芸人の道にーなんて

思うのですが、一気に消えました。

その理由は、

【バラエティー番組に馴染めなかった】

【売れっ子芸人としての立場にプレッシャーを感じていた】

ということでした。

お仕事の依頼が優勝することで急にふえたそうですが、

バラエティー番組に出演するにつれて苦手意識を持つようになり、

さらには、

売れっ子芸人として笑いをとらねばならないプレッシャーに

押しつぶされる感じを受けたそうです。

決して芸能界から干されたのではなく、

かもめんたる自身から身を引いた感じだったようですよ。

しかも、キングオブコント優勝して嬉しいというよりも

【やってしまった】という感じを受けたそうです。

 

その後は、劇団を作ってテレビ出演以外のところで活動をされています。

スポンサーリンク

劇団かもめんたるって?

2015年に カンニング竹山さんのすすめで

劇団かもめんたるを旗揚げされました。

芸人としての人気よりも劇団としての人気の方が上がっていき、

お客さんの人数も劇団の方が増え続けるという現象にまで

成長されました。

そのことから、

2018年ころにはほとんど劇団の活動が主流となっております。

さらには2020年に上演した

「GOOD PETS FOR THE GOD」が、

新人劇作家の登竜門とされる

「岸田國士戯曲賞」の最終候補にも選出されています。

スポンサーリンク

かもめんたるは狂気?怖い不祥事事件とは一体?

かもめんたるのコントが

狂気じみて怖いという意見もあります。

コントでもぞっとするほど生々しい人間の感情が垣間見える

などという意見もありました。

 

他にも不祥事事件もあるのか、

かもめんたるさんを調べていると出てきます。

どのような事件だったのでしょうか?

調べてみたところ、はっきりとした内容の情報は出てこないものの、

坂上忍さんと共演されたときに、

【グズだな】【なんじゃそりゃ】と

呆れた発言をされていました。

 

その理由は、

キングオブコントで優勝後仕事が一気に増えるも

翌年には仕事が激減したということに対して

 

坂上忍さんは、【仕事を増やすチャンスはあったはず】

と言われていました。

しかし二人は

【テレビは向いていない】【遠い世界だ】などと

逃げ腰発言を連発されていたことや、

飲み会の場で後輩芸人にチヤホヤされて天狗になっている

という事実からこのような事件となりました。

【テレビが苦手だから舞台しかやりたくないという姿勢では仕事が減って当然】

だと辛口なコメントもされています。

有吉の壁で準レギュラーを獲得されたかもめんたるさん。

今後、テレビの苦手意識を克服されるのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、芸人コンビのかもめんたるについてまとめました。

芸風やコントが狂気じみていて考えさせられる

内容の重いものもありますが、

深みがあって面白いです。

劇団を立ち上げてからは、テレビよりも劇団としての活動に専念されています。

理由は、テレビが苦手だからだという理由からでした。

しかし、仕事が激減されていることもあり

今後はテレビ活動にも精力的に取り組まれるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました