廣津留すみれの経歴!母親や父親の子育て論が深い!

エンタメ

廣津留すみれさんは、

ハーバード大とジュリアード音楽院を

首席で卒業された超絶天才日本ガールなのです。

天才を育てた(秘)子育て術がヤバいとそうですよ。

天才な娘を育てた母や高学歴の廣津留すみれさんについて

調べてみました。

スポンサーリンク

廣津留すみれの年齢や大学と経歴は?wiki風プロフィール

名前: 廣津留すみれ(Sumire Hirotsuru)

生年月日:1993年

年齢:24歳

出身地:大分市の田舎

職業:バイオリニスト、ライター、起業家

受賞歴:IBLA国際コンクールでグランプリを受賞

スポンサーリンク

すみれさんの経歴は

 

0歳から英語の絵本の読み聞かせ

2歳の終わりにヴァイオリンを始める

4歳で英検3級取得

 

12歳でのオーケストラとの初共演を皮切りに、

日本を中心に演奏活動を行う。

 

高校生の時

翌年受賞者とのカーネギーホールでの

リサイタルを含めた全米4州での演奏ツアーを行う

 

廣津留すみれさんは、ハーバード大学に現役合格したことでも

凄いのですが、

 

入学準備期間が1年未満だったことや

塾に通ったことがなかったことで凄いと

話題になりました。

 

県立大分上野丘高校出身に通っていたすみれさんは

当時ハーバード大に公演へいった時、

そこの生徒さんの生活に衝撃を受け

受験をすることを決めたそうです。

 

2012年からハーバード大学に通い

4年後卒業論文で最優秀賞を受賞

 

2016年から

ニューヨークのジュリアード音楽院に

通ってます。

 

2018年に

最高位のWilliam Schuman Prizeを受賞し卒業されてます。

 

すみれさんの凄いところは、在学中に

ジュリアードオーケストラの首席(コンサートマスター)を

務めていたことです。

 

オーケストラをまとめるのは

大変なことだったと思います。

スポンサーリンク

職業はバイオリニスト?と起業家に!その実力は?

廣津留さんは、幼少期から

音楽と語学に力を入れて育ってきました。

その実力は、かなりのものです。

ハーバード大学在学中は、

全米最古のオーケストラである

 

ハーバード・ラドクリフ・オーケストラのコンサートマスター、

オペラのプロデューサー、

音楽団体2つの部長を務めてました。

 

最終学期には4年間の集大成として

ハーバード大学史上初の卒論リサイタルをも開催され

論文と合わせて最高位の成績を収めてます。

 

世界的チェリストのヨーヨー・マと

シルクロードアンサンブルと共演したり

 

グラミー賞受賞アルバムをフィーチャーした

コンサートのプレゼンテーションを任される等

 

ヨーヨー・マさんとの数々の共演もされてます。

 

社会起業家としては2013年に

教育プログラムSummer in JAPANを大分で共同設立され

度々コンサートもされてます。

スポンサーリンク

廣津留すみれの母や父はどんな人?天才育てる(秘)子育て術

母親:廣津留真理

父親:不明

職業:株式会社ディリーゴ代表取締役、ブルーマーブル英語教室代表
一般社団法人Summer in JAPAN設立者・代表理事

 

父親の情報がなくてわかりませんでしたが

 

母親である廣津留真理さんは、

結婚前から翻訳の仕事をされてました。

 

すみれさんが生まれてからは、

日本語と英語の絵本を毎日読み聞かせていたそうです。

 

そしたら、すみれさんが2歳の頃には

2か国語で絵本を自ら読むことが

できていました。

 

うちの子は、絵本が好きで読んでましたが

年中から日本語の本を読めるようになった

レベルです。

 

ただ読むだけではだめなのでしょうか?

2歳って、驚異的な速さですね。

天才を育てた母親の方法を告白した

番組もある程、

 

気になる方は多いと思います。

 

幼稚園から塾に通わせる方もいますね。

勉強が出来て損はないと思いますが

子供を自分の期待に添わせるようなコントロールや

スパルタ過ぎて熱が入りすぎて、叩いたり、罵倒するのは

気を付けたいところですね。

スポンサーリンク

廣津留真理さんの書籍は?

「世界に通用する一流の育てかた」(SB新書 2016年9月15日発売)

「英語で一流を育てる 小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法」(ダイヤモンド社 2017年5月24日発売)

「世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45」(幻冬舎 2017年7月26日発売)

スポンサーリンク

まとめ

ハーバード大学主席卒業し

更に2018年5月に

世界最高峰ジュリアード音楽院首席卒業した

超絶天才日本ガールである廣津留すみれさんは

 

塾に通ったことはなく

中学、高校も公立の学校に通っていました。

ハーバード大学に入学する準備は

1年未満で、現役合格を果たしたのです。

 

母親である廣津留真理さんは

ここまで娘を育てた秘訣を

 

0歳から英語と日本語の読み聞かせと

2歳位でバイオリンを始めたこと

 

と語ってます。

 

その子育ての秘訣を書籍やスクールを開講し

伝授されてます。

 

母親の得意なことを子供に伝えるのが

 

天才にまで才能を引き上げることにつながるそうです。

 

ちょっとした差で、長い目で見ると

ずば抜けていくことができるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました