ベアトリスウッド(タイタニックローズの本物モデル)の経歴や子供は?

エンタメ

映画【タイタニック】に登場するヒロインのローズは、

モデルとなった女性がいたそうです。

その方は、

マルセル・デシャン(1968年没81歳)というフランス生まれの美術家と恋に落ちていた、

ダダイズムの母とも呼ばれているベアトリス・ウッド(1998年3月没105歳)さんです。

100歳超えても精力的に活動をされていました。

タイタニックのシナリオを描いていた方が

ヒロインローズを思い描いていた時、ベアトリスウッドさんの自叙伝を読み、

イメージとぴったりだったのでベアトリスウッドさんをモデルにしたと言われています。

タイタニックのヒロインになったモデルは

一体どんな方だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ベアトリスウッドの年齢や出身地は?

名前:Beatrice Wood(ベアトリスウッド)

別名:ダダイズムの母

生年月日:1893年3月3日

年齢:105歳( 1998年3月12日没)

出身地:アメリカ合衆国・サンフランシスコ

学歴:アカデミー・ジュリアン校(私立美術学校)

職業:芸術家(陶芸家)

ベアトリスウッドさんは、アメリカ合衆国のサンフランシスコで生まれました。

実家は不動産を営んでおり、裕福な家庭だったそうです。

ベアトリスウッドさんが5歳の頃からはニューヨークで生活をされてました。

度々、家族と共にヨーロッパの方まで訪れていたそうです。

学校は、パリにある市立美術学校へ進学されてます。

しかし、第一次世界大戦がはじまってしまいます。

そこで、ベアトリスウッドさんは一時帰国されることになりました。

そのまま、アメリカ合衆国で活躍され、

最後は、カリフォルニアに移住され活動をされました。

 

スポンサーリンク

 

ベアトリスウッドの経歴や職業は?

ベアトリスウッドさんは、芸術家として主に陶芸の世界で活躍をされてました。

その他にも、

フランスの劇団【コメディ・フランセーズ】で得劇やダンスも学ばれてます。

モントリオールの劇場でも活躍をされていました。

芸術家としては、

1917年に、雑誌『Blind Man』を創刊、

1920年代は「ダダイズムの母」と呼ばれ

第一次世界大戦に対する抵抗やそれによってもたらされた虚無を根底思想に持っており、

既成の秩序や常識に対する否定、攻撃、破壊を大きな特徴をもつ運動に参加されてます。

1917年には、ニューヨークの独立芸術家協会(Society of Independent Artists)の展覧会に2点の絵画を出展されてます。

ベアトリスウッドさんは、絵画、演劇、陶芸と、幅広い芸術作品で

その思いを表現し続けてきたのです。

ベアトリスウッドさんの生き様が映画【タイタニック】のヒロインであるローズとぴったりマッチすることから、実在するモデルとなった他にも、

映画『突然炎のごとく』(”Jules et Jim”)に登場するカトリーヌのモデルにもなっています。

 

スポンサーリンク

 

ベアトリスウッドの画像や作品は?

ベアトリスウッドさん代表作品は、陶芸です。

他には、ダダイズムに関する絵画などがあります。

出展:https://artsandculture.google.com

ただ、ダダイズムというとピカソやマルセルデュシャンの作品が有名なので

ベアトリスウッドさんはダダイズムの母と呼ばれていますが、

作品が多く紹介されていないみたいです。

気になる方は根気よくさがしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ベアトリスウッドの結婚相手や子供に孫は?

ベアトリスウッドさんと恋仲になった

フランスの芸術家ヘンリーロバートマルセル・デュシャンさんがいます。

デュシャンさんは、

パブロピカソ、アンリマティスとともに、

20世紀の最初の数十年間に造形芸術の革新的な発展を定義するのに貢献した凄い人なんです。

ダダイズムの中心的人物でもありました。

ただ、デュシャンさんには奥さんがいます。

ティニー・デュシャンさんです。1995年に亡くなられてます。

スポンサーリンク

タイタニック・ローズの夫の名前は?

タイタニックに登場するヒロインローズには実際に存在する人物でした。

だったら、

ローズの相手役のジャック・ドーソンはベアトリスウッドの旦那さんなのでしょうか?

調べてみると、

ベアトリスウッドさんが結婚をされたのか、情報が見つかりませんでした。

なので、ジャックは実在する方なのかも不明です。

もしかしたら、

ベアトリスウッドさんが憧れたマルセル・デュシャンさんなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ベアトリスウッドさんについてまとめました。

ベアトリスウッドさんは、アメリカ合衆国出身の芸術家さんです。

陶芸・絵画・演劇など幅広く活躍をされ、

主にダダイズムの母としても広く周知されてます。

旦那さんや、お孫さんなどの情報は不明でした。

一時期、同じくダダイズムとして活動をしていた

芸術家のマルセルデュシャンに恋をされていたそうですが、

マルセルデュシャンさんは、別の方と結婚をされてます。

叶わぬ恋だったのでしょうか?それとも不倫をされていたのでしょうか?

その恋心がタイタニックに登場するペンダントに秘めているのかもしれません。

ペンダントにベアトリスウッドさんの恋心を詰め込んで心の奥底に沈めていたのかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました