堀ちえみの余命や死亡確率は?末期がんで手術の成功が気になる!

話題

こんにちは。meguです。

 

昭和を代表する歌手でアイドルでもある

堀ちえみさん。

 

末期ガン口腔がんが

ステージ4という中での

舌部分に出来た

ガンを切除する大手術に

チャレンジされました。

 

その手術は、12時間もかかるという

大きな手術であり、

 

 

この手術が成功したとしても、

切除し、再建した部分の機能が

戻らないとも

言われてます。

 

 

スポンサーリンク

 

堀ちえみさんの

公式ブログには、

病状の経過などが詳しく公開されてました。

 

連日ワイドショーにも取り上げられ、

口腔がんについても

詳しく放送してますね。

 

堀ちえみさん、

大手術は無事に終わったそうですが、

 

その後の予後などが

とてもきになりますね。

 

口腔がんは、

頸部のリンパにも転移していたそうで、

そこもまとめて切除されたそうです。

 

堀ちえみさんが患っている

口腔ガンのステージが4

紹介されてましたが、

もはや末期と言ってもいいくらいの

レベルなのだそうです。

 

 

 

余命はどのくらいなのでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

堀ちえみの経歴や本名は?wiki風プロフ

名前:堀 ちえみ(ほり ちえみ)

本名:尼子 智栄美(あまこ ちえみ

旧姓:堀

生年月日:1967年2月15日

年齢:52歳

出身地:大阪府堺市東区

職業:歌手、女優、タレント

最終学歴:堀越学園高等学校

所属事務所:ホリプロ→松竹芸能

活動期間:1982年~1987年・1989年~

身長:159cm

子供:7人

【受賞歴】

1981年:第6回ホリプロタレントスカウトキャラバン グランプリ受賞

1982年:第1回メガロポリス歌謡祭 新人部門賞

1982年:ABC82年歌謡新人グランプリ アイドル賞:待ちぼうけ

1982年:第12回銀座音楽祭 金賞:待ちぼうけ

1982年:第8回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 優秀新人賞:待ちぼうけ

1982年:第15回新宿音楽祭 銀賞:待ちぼうけ

1982年:第9回横浜音楽祭 新人賞

1982年:第9回FNS歌謡祭 優秀新人賞:とまどいの週末

1982年:第24回日本レコード大賞 新人賞:待ちぼうけ

1983年:第9回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 金賞:夕暮れ気分

1983年:第25回日本レコード大賞 ゴールデンアイドル賞:夕暮れ気分

1984年:第3回メガロポリス歌謡祭 ポップス部門:稲妻パラダイス

1984年:第10回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 金賞:東京Suger Town

1984年:流行語大賞 流行語部門・大衆賞:「教官」スチュワーデス物語劇中のセリフ

1984年:第11回FNS歌謡祭 優秀音楽賞:クレイジーラブ

 

堀ちえみさんは、

1981年の

ホリプロタレントスカウトキャラバンにて

優勝したのをきっかけに

芸能界入りをされてます。

 

新語・流行語大賞を獲得するほど活躍をされましたが、

20歳の誕生日をきっかけに一時引退されます。

 

その後再び芸能活動を再開され、

現在も活動をされているのです。

 

2017年には、

芸能界35周年記念ライブもされてます。

 

 

スポンサーリンク

 

私生活では、

結婚と離婚を3回経験され、

1989年~1990年

外科医の男性と結婚され

1990年に長男、1992年に次男、1993年に三男をもうけました。

 

2000年~2010年

雑誌社勤務の男性と再婚され、

2000年に四男、2002年に長女を出産されます。

 

2011年には、

一般男性と3度目の結婚をされ、

中学生の長女と小学6年生の長男の連れ子の母となり、

 

お子さんが7名という

ビッグマミーになったのです。

 

他にも大変なのが、

リウマチや特発性大腿骨頭壊死症という

稀な病気にも見舞われています。

 

とても波瀾万象な人生を

送っておられるのです。

 

そして今回は、

口腔がんを発症されました。

 

堀ちえみの口腔がんの予後は?

堀ちえみさんの口腔がんは、

公式ブログにて公言されたとき

既に、ステージ4でした。

 

末期ガンと言ってもいいくらいの

深刻なレベルです。

 

激痛という症状も出ていたようですよ。

 

ガンを発症し、激痛が出ているのは

かなり深刻なレベルです。

 

堀ちえみさんには

お子さんが7人とそれを支えて

くれえる旦那さんがいるため、

闘病生活に挑む決心をされてました。

 

 

自身の為だったら、ここまでのパワーと前向きな姿勢は

もてないと思います。

 

同じく闘病生活を送っておられる方にも

勇気を与えた行為だと

思います。

 

気になる予後ですが、

今回のガンの切除が無事に

終わったということなので、

 

今後は、術後の感染や血栓に注意ですね。

 

 

そして、無事に退院できたとしても

咀嚼(そしゃく)障害、

嚥下障害、

顔貌の変形などの後遺症が

残ることがあるようなので、

 

そこらへんの機能の回復等も

今後の生活に関わってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

ご飯をうまく飲み込めなかったら、

命にもかかわってきます。

 

手術を終えたこれから、

堀ちえみさんには

過酷な日々が待ってますね。

 

手術でガンの取り残しがあったり、別の部位から

ガンが発見されることも

考えられますね。

 

後は、堀ちえみさんの

生きるちからがどこまであるのかが

重要かもしれません。

 

リウマチの方もまだあるそうなので、

その関係でも予後が変わってくるかもしれないですね。

 

今後、放射線慮法や、化学療法が

おこなわれていくことと思います。

 

抗がん剤はキツイとも聞くので、

薬害により身体臓器の機能低下などの危険

もありますね。

 

口腔がんの中でも多い

堀ちえみさんも患った舌ガンの

ステージ4での5年生存率は、

45%だそうです。

 

半数以下の方が、

ステージ4のガンでは、

5年以内に生存されているそうです。

 

堀ちえみの余命はどのくらい?声は?

堀ちえみさんの余命ですが、

5年生存率からみると、

現在切除術を受けたということなので、

 

まだ、5年以上ある可能性も

高いのではないでしょうか?

 

余命1年はあるかと

思いますが、

今後どうなるかは不明です。

 

 

スポンサーリンク

 

余命宣告をうけたとしても、

長く生存される方はいるので、

堀ちえみさんもそうなることも

あるかもしれません。

 

今後の展開は、

公式ブログにて

公表されるかと思います。

 

 

 

堀ちえみのまとめ

昭和を代表する歌手でアイドルの

堀ちえみさんが、

まだ52歳という若さで

口腔がんになりました。

 

公式ブログには長年、

口内炎として表現されており、

その口内炎がまさかのガンだったという

事実はとても衝撃的でした。

 

しかも、ガンのステージが

ステージ4だということで、

予後や余命などが

とても気になります。

 

 

スポンサーリンク

 

ガンステージ4の

5年生存率は、

50%以下という

悲しい数字ですが、

 

生命力にあふれている

堀ちえみさんは、

この生存率以上

元気な姿を見せてくれることと

思います。

 

陰ながら、応援してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました