公園遊具の世界を紹介!深澤幸郎(株式会社コトブキ)のwiki風プロフィール!【マツコの知らない世界】

こんにちは。meguです。

 

スポンサーリンク

2月13日に放送される

マツコの知らない世界に

公園遊具の世界を

深澤幸郎さんが紹介してくれます。

公園遊具が、

昔と比べると進化してるのです!

懐かしい遊具から、

最新遊具までを紹介されます。

深澤さんは、遊具会社のかたなのでしょうか?

気になるので調べてみました。

深澤幸郎の職業は?wiki風プロフィール!

名前:深澤幸郎

出身地:兵庫県神戸市

在住:東京都世田谷区

職業:コトブキタウンケープ代表

出身高校:桐朋高等学校

出身大学:慶應義塾大学(商学部)

婚姻歴:既婚

2007年に、コトブキ株式会社に入社されました。

その3年後、専務取締役に、

その1年後代表取締役専務に、

その1年後は、

2012年コトブキ株式会社の

代表取締役社長に就任されてます。

 

スポンサーリンク


深澤さんは、

株式会社コトブキに入社後、ホームページによると、以下のような事業をされました。

  • アウトテリア事業の立ち上げ、
  • 栃木工場の生産システム改革、
  • 福島事業所の事業立ち上げ
  • 国内関連子会社(株式会社タウンスケープサービス)の立ち上げ
  • 及び同社におけるICTを活用した遊具点検システムの構築や、
  • 製造と販売が一体化した事業改革、
  • 営業部門統括、設計
  • 商品開発等タウンスケープ・サイン事業を統括。
  • ベトナムハノイ国立建設大学とタウンスケープ分野における包括協定を締結。

株式会社コトブキはどんな会社?

創業、大正5年の老舗です。

従業員数310名、資本金1億円だそうです。

事業内容は、以下の通りです。

  • 公共施設/家具事業、
  • 都市景観事業、
  • 遊具事業、
  • サイン事業、
  • 屋外向け家具事業における開発、
  • 設計、製造、販売ならびにこれらの輸出入

一言でいうと、

パブリックスペースのデザインです。

人々が集まり、有意義な時間を過ごせるように

インテリアや、看板、遊具などを

デザイン、政策、設置されてます。

ホームページに導入事例がありました。

今回、番組では、遊具について出演されますが

こういったこともされてます。

こちらは、遊具ですね。

私は、子供と共に公園で遊ぶ機会が多いのですが

 

スポンサーリンク

今は、昔無かった様々な遊具を見かけます。

滑り台でも、

遊ぶ子供の年齢に合ってないと危なかったり、

物足りなかったりとします。

もっと、こうして欲しいな

と感じることもありますね。

遊具は、子供達にとっては欠かせないものなので

これからも、安全性の高い

楽しい遊具開発を頑張ってほしいです。

コトブキで企画生産された商品は、

北海道から沖縄県まで

全国に販売店があります。

もしかしたら、

近所にあるパブリックスペースは、

コトブキのものかもしれませんね。

深澤さんはFacebookをされていて、

デンマーク、コペンハーゲンに行って

高齢化と福祉が盛んな町の視察に

行かれた時の記事がありました。

海外の作品を参考にされてるのですね!

今後、日本は高齢化が急速に進みます。

それに見合ったパブリックになっていくと感じます。

遊具よりも、

健康器具が増えていくかもしれないですね!

埼玉なびより

健康器具の遊具は、

イマイチ遊び方がわからないです。

子供と一緒に適当に遊んでしまいます。

まとめ

深澤幸郎さんは、

 

スポンサーリンク

神戸出身の東京在住です。

幼少期のことは分かりませんが、

株式会社コトブキには、

2007年に入社されました。

現在は、

株式会社コトブキの代表取締役社長です。

遊具や、ベンチ、看板等デザイン・政策し

パブリックスペースを有意義なものにされてます。

結婚されてるということですので

公園で子供と共に実際に

遊具で遊ばれてると思います。

番組では、

どのような遊具を

紹介してくれるのでしょうか?

楽しみです!

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336