チョーク会社日本理化学工業は知的障がい7割!日本一幸せ社員だった!

芸能人

害のないチョークやガラスにかけるチョークを開発され

売上日本一となったチョーク会社

日本理化学工業があります。

 

この会社の社員は7割の方が知的障がい者で

そのうち重度の行動障がいを持つ方も社員として

働く喜びにあふれチョークを作り続けてます。

 

そこの社員の方は満足度が高く

就職されたほとんどの方が定年まで働き続けているそうです。

 

素敵な会社なのですよ!

現在は、ブラック企業と言われてる会社が

問題になってます。

 

障がい者に安い賃金で他の社員と同じ内容で働かせたり

簡単に解雇したりと

その待遇が悪徳な会社もあります。

そんな中

働きたい方にその場所を提供し

且つ満足度が高いとは、素敵な会社です。

 

このような会社に成長するまでは

経営者の様々な苦労があったそうですよ。

日本理化学工業について調べてみました。

スポンサーリンク



日本理化学工業の経歴は?

会社名:日本理化学工業株式会社(にほんりかがくこうぎょう)

種類:株式会社

設立日:1937年

本社:〒145-0066 東京都大田区南雪谷四丁目24番10号

 

川崎工場・営業事務所 : 〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地二丁目15番10号

美唄工場 : 〒072-0804 北海道美唄市東明二条3丁目2番10号

 

事業内容:事務用品等の製造販売

資本金:2000万円

代表者:大山隆久

主な製品:ダストレスチョーク・ダストレスラーフル(黒板消し)・キットパス(固形マーカー)・ラインパウダー・工事現場向け耐水チョーク

 

日本理化学工業は、昭和12年に設立された会社です。

設立したのは、現在の代表取締役社長を務めておられます

大山隆久さんの祖父に当たる

大山要蔵さんです。

 

その後を父親の大山泰弘さんが継いでます。

 

現在三代目社長は大山隆久さんが就任されてます。

代々受け継がれている創業50年以上の老舗です。

 

この会社に革命を起こしたのは

二代目の大山泰弘さんです。

 

そして、現在は、

数多くの大臣表彰や自治体表彰等を受賞され

 

映画化もされてます。

書籍も出版されているのです!

 

障がい者の方から教わった究極の幸せに

ある友人が気付かせてくれます。

スポンサーリンク

究極の幸せを知る住職の言葉

 

日本理化学工業が障がい者を雇うきっかけになったのが

大山泰弘さんが会社の近くにある養護学校の教諭に

相談を持ち掛けられたことでした。

 

始めは、2人から雇用しました。

 

それが、だんだんと増え10人以上になった頃

事件が起こります。

 

教えていた社員さんの負担が増えたこと

生産数が落ち込んだこと

がありました。

 

泰弘さんは、思い悩み、仕事をすることが困難な

障がい者に仕事をさせることに

罪悪感も感じていたそうです。

 

知り合いの住職に相談すると

 

「人間の究極の幸せは4つ。

人に愛されること。人にほめられること。

人の役にたつこと。人から必要とされること

 

この言葉に救われ、

泰弘さんは知的障がい者の雇用を増やしていく決意をするのです。

同じ賃金

で勤務されていた社員さんは、

これ以上負担が増えることに、カンカンに怒ってしまいました。

スポンサーリンク

泰弘さんが思いついたあるアイデアとは?

 

ひたむきに働く障がい者を見習い

社員さん達で業務改善を行うことになりました。

 

そして、あることを思いついたのです。

 

難しくてできない作業は単純化しだれでもできるようにすること

 

色を利用すること

型を利用すること

 

それにより作業効率がアップしたそうです。

そして、障がい者だけではない職員の作業も

単純になったので

楽に作業効率を上げることができたのです。

 

新商品開発にも自由な発想ができる障がい者の方が

関わってるのです。

日本文房具大賞も受賞されました。

仕事の与え方が間違ってるからできない

行程を人に合わせて変える

 

最後まであきらめなかった社員さんや経営者が

ここまで会社を変えたのです。

 

経営者が社員さんと共に変えていったのが功を制したのではないかと

感じます。

 

旦那の会社は真逆の会社なので

このドキュメントを見てもらいたいと

思いました。

 

人を雇う=人を活かす

 

怒鳴ればいいわけではなく

一部の社員をひいきするのではなく

社長が独裁になるのではなく

 

頑張れ等の根性論で物事を判断するのではなく

数字だけ見ていればいいだけではないのです。

二億円かけて新設した神奈川工場は

 

心身障がい者多数雇用モデル工場

となってます。

 

現在は身体障がいの方の他

心身障がいの方も増えてます。

 

引きこもりの方が年齢が上がってきて

今話題になってます。

 

このような会社だと

その方の個性に合わせて仕事ができるので

引きこもることも減るのではないかと思います。

 

最先端といっても良い会社ですね!

スポンサーリンク

まとめ

日本一のチョーク会社

日本理化学工業は

心身障がい者多数雇用モデル工場

となってます。

その社員の7割が障がい者なのです。

そこでは、社員が生き生きとやりがいを持っており

定年まで働き続けるかたがほとんどです。

 

満足度が日本一高い会社ではないかと思います。

 

ここまで成長するのは様々な苦労や工夫があり

それを達成できたのは

社長の社員に心身共に満足する職場を作るという

思いが強かった為ではないでしょうか?

 

これからも、会社理念を広めて

日本の会社を引っ張って行ってほしいです。

芸能人
meguをフォローする
エンタメの泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました