マイクロ ニードル効果なし?危険性や副作用と口コミもチェック!

話題の商品

マイクロニードルは医療でなく美容液として

資生堂や韓国コスメメーカーから販売されています。

種類はパッチやローラー、クリームなど様々で使い方もそれぞれです。

新しい美容化粧品として話題のマイクロニードルについて

効果や危険性、副作用などまとめました。

さらには、効果の期待できる商品もまとめましたので、最後までご覧ください!

スポンサーリンク



マイクロニードルパッチクマには効果なし?口コミチェック!(資生堂・韓国コスメ)

マイクロニードルは、解ける針を使用しています。

針が解けてヒアルロン酸が浸透するには大体1時間ぐらいだそうです。

しかし、肌の水分量によって

女性と男性、また年齢によっても溶ける時間が違います。

その部分が、効果を実感するかしないかに関わるのかもしれません。

マイクロニードルパッチを使用された人の口コミをみると、

・パックを夜貼って、朝剥がすとシワが軽減され効果がありますが、夕方には乾燥して戻ってしまいます。

・毎日やれば効果もわかるかもしれませんが、たまにだとわからないです。

・毎日しないと深いシワの改善には時間がかかりそうです。

・夜貼って朝剥がしたら、ほんの少しですがクマが薄くなった気がしました。

参考:https://review.rakuten.co.jp

効果のほどは一時的に感じることがあるようですが、

長時間の効果あは薄いようです。

資生堂さんのナビジョンHAフルパッチの口コミは総評価がほし4つと高めです。

韓国コスメから出ているマイクロニードルパッチも比較的総評価が高いところをみると、

口コミの内容としては継続して効果を実感しにくいけど

商品には満足している方が多いという結果になりました。

 

私は、韓国コスメのセレクタージュ化粧品のマイクロニードルパッチを

お試し購入しました。

エステに行くより安あがりになるかな?程度の気持ちで購入しました。

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、

ほうれい線に貼ったところ、何の効果も感じませんでした。

 

それよりも使い方からしてわかりにくくて困りました。

説明書があるんですが、間違えてニードル部分を剥がしそうになりました。

この経験から、マイクロニードルパッチのリピートは

しませんでした。

スポンサーリンク

マイクロニードル副作用は?

マイクロニードルパッチや美容液に副作用はあるのでしょうか?

結果を先にまとめると、

【副作用の報告はない】ということでした。

なぜ副作用の心配がないのかというと、

そもそも、マイクロニードルは肌の表面の一番上側【角質層】までにしか到達しないそうです。

ですから、

よくヒアルロン酸注射を美容外科クリニックですると言われているような副作用は

報告されていないようですよ。

・ヒアルロン酸を注入したらヒアルロン酸が中で固まる

じんましんなどの発疹、かゆみ、浮腫(顔面、眼瞼など)

・腫脹・疼痛・顔面発赤など

化粧品としての副作用はあるかと思います。

例えば、アレルギー反応、肌荒れなどです。

スポンサーリンク

マイクロニードルパッチ医療との違い

マイクロニードルは、

実は美容業界が医療よりも先に商品化をしたものです。

現在医療が後を追うように開発に取り組んでいます。

ですから、

いまだに医療ではマイクロニードルは実用化されていないのが現実です。

まだまだ最近出始めたばかりのマイクロニードル美容液。

今後もっと開発が進んで価格も安く製品もよいものが増えてくると思います。

スポンサーリンク

マイクロニードルとは種類や特許企業メーカーから最強が判明!

マイクロニードルとは、

先端に薬剤を含有させた微細な針をシート上に配列して皮膚に貼り、

微細針を通して皮膚から体内に薬剤を投与することができる技術です。

 

マイクロニードル(生体溶解型)の種類・製造方法別では、主に3つあります。

・マイクロモールディング(マイクロニードルの95%がこの方法)

・ドローイング・リソグラフィー

・ドロップレット・ボーンエア・ブローイング

参考:https://minsaku.com/articles/post808/

マイクロニードルの95%がマイクロモールディングという製法を使っているそうです。

しかし、製造過程で基盤をコーティングする過程で薬物の損失が大きかったり、

不用品を多く出してしまうことがあるそうです。

その欠点をカバーしたのが、

韓国のラパス(RAPHAS)社が開発した

ドロップレット・ボーンエア・ブローイングという製法です。

口コミの評価も高いですね。

 

日本の特許庁で公開されているマイクロニードル関連では、

特許の質と量から総合的に見た評価を

株式会社パテント・リザルトが2020年4月17日付けで行っています。

それによると、

1位 凸版印刷、2位 久光製薬、3位 富士フイルムでした。

(株式会社パテント・リザルトの調査・2020年4月17日)

4位以下は、

4位 コスメディ製薬

5位 BECTON DICKINSON

6位以下にはメドレックス、NISSHA、ナブテスコなどの会社が並んでいます。

凸版印刷さんのマイクロニードルを使用している化粧品を探したところ、

はっきりとした情報は出てきませんが、

コーセーと共同で開発されている商品があるところをみると、

有力なのがコーセー化粧品ではないかと思います。

マイクロニードルの開発に各企業が奮闘している状態です。

今後、医療分野でも活用されていけるまでになっていくと、

痛い注射をせずに済みますね。

スポンサーリンク

マイクロニードルマツキヨで買える?おすすめ商品トップ3

マツキヨオンラインでもマイクロニードル美容液は販売されてます。

マイクロニードルパッチからクリーム、ローラーと、

様々な商品が販売されていますよ。

気になる方は公式サイトをみてくださいね。

おすすめのマイクロニードルパッチ

1位:ニードロップニードル本数(NISSA)1800本

2位:ヒアロディープパッチ(北の達人)ニードル本数750本

3位:フィルナチュラントIC・U・HAマイクロパッチ(コスメラボ)ニードル本数1300本

参考:すみしょうYouTubeチャンネル

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マイクロニードル美容液についてまとめました。

現在各社が精力的にマイクロニードルの開発に励んでいます。

美容業界から実用化され、最終的には医療分野でも実用化に向けて

開発が進んでいます。

 

副作用や危険性は化粧品とかわりありません。

ニードルと聞くと、痛いのかな?本当に解けるの?大丈夫なの?

って心配になりますよね。

肌の水分量によっては針が解ける時間が若干変わってきますが、

ちゃんととけてなくなるように開発されています。

また、美容液も角質層までなので安心です。

 

効果の方は、ほんと、人それぞれでした。

口コミでは短期間の効果が実感されている方が多く、

使用感も満足されている方がほとんどでした。

ただ、使い方がわかりにくいので、

間違えて美容液の染み込んだニードルを剥がしてしまわないよう注意をしてくださいね。

話題の商品
meguをフォローする
エンタメの泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました