小山昇の娘はパリの音大出身で母親似?評判や実力もチェック

お笑い芸人

株式会社武蔵野代表取締役社長の小山昇さんは、

すご腕経営者として有名な方でした。

貯金額が数百円だったところからのスタートで

今では日本を代表する経営者として有名人になりました。

そんな小山昇さんは奥さんと娘さんがいます。

3人かぞくです。

とっても家族を大切にされており、

今話題の知床遊覧船の社長桂田精一さんのコンサルタントを

請け負った時も、

奥さんと二人で知床へ旅行にきていたそうです。

【社長ひとりが頑張らないこと】

【数字は人格】という名言からも、

人とのつながりを大切にされる方だと思います。

Amazonでも本が人気でした。

そんな小山昇さんの娘さんがパリの音大卒で

優秀な方なのだそうですよ!

今回は、小山昇さんの娘さんや奥さんについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

小山昇の娘はパリの音大出身で務め先はどこ?

小山昇さんの娘さんは、

小山和(のどか)さんと言います。

現在、国立音楽大学の講師を担当されています。

小山和

ピアノ伴奏法、ソルフェージュ担当。

パリ国立高等音楽院の伴奏科を審査員満場一致の最優秀の成績で卒業。

本学卒業生(鍵盤楽器専修・2015年)

参考:http://kcm-composition.art/staff.html

講師を務めている大学のホームページには

顔写真と共に紹介文が記載されています。

とてもきれいな方です。

小山さんは、

2015年に国立音楽大学を卒業後に

パリの音楽学校に入学されています。

2019年頃に日本へ戻ってこられたようですね。

年齢は不明ですが、

一度も留年されていないようですので

30歳くらいかなと予想します。

スポンサーリンク

小山昇の娘の実力は?

小山和さんのピアニストとしての実力ですが、

国立大学とパリの音大から

かなり評価をされています。

小山昇. @KoyamaNoboru.(2015年7月16日)

3月に娘がパリの国立音楽大学を受けて

最終選考の7人に残ったが不合格だった。

現役は、一人だった。合格した3人は一浪していた。

月に行われるある大学に願書を出した。

国立音楽大学の最終選考に残ったのが評価されて、

合格通知が来た。

日本では、考えられない。これが正しいはないと勉強になった。

 

ですから、実力はかなり高いと思います。

小山昇さんの娘さんは、ピアニストとして凄い方ということが

分かります。

スポンサーリンク

小山昇妻の名前と職業に年齢のwiki風プロフィール

小山昇さんの妻は小山泊子さんと言います。

奥さんと知り合ったきっかけは、

共通の知人を通して知り合ったそうです。

その知人は、

ダイコーフーズの社長の三枡賢二さんだそうですよ。

結婚した時期は、小山昇さんが44歳の頃でした。

現在74歳になられるので、結婚されて30年がたつんですね。

今でも夫婦で旅行へ行かれたり、食事に行ったりと

かなり仲良しなんです。

奥さんの年齢は不明ですが、

職業は武蔵野グループの役員をされていたそうです。

顔写真などはみつかりませんでしたが、

かなりの美人な方だと噂があります。

スポンサーリンク

小山昇の経歴やパチンコ名言が深い!

小山昇さんの経歴を簡単にまとめると、

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業。
1977年に株式会社ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任。
1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。
全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。

参考:https://koyamanoboru.jp/profile/

現在は企業コンサルタントを中心に活躍をされているようですね。

今でも現役として活動をされているのは

凄いですよね!小山昇さんから直々に指導を受けれるのが

セミナーが人気な秘密なのかもしれませんね。

小山昇さんはパチンコの名言でも有名です。

パチンコが強い社長の会社は、業績がいい】という

名言なんですが、

ギャンブルでも常にPDCAサイクルを回して数字をおいかけるのが

経営には重要だということでした。

すごく大胆な名言で驚きます。

スポンサーリンク

株式会社武蔵野がうさんくさい理由

株式会社武蔵野は数十年前、ブラック企業として

有業界では名だったようです。

現在は改善をされているようですが、

過去の印象が強いためそのようなことが言われています。

また、小山昇さんの熱烈なファンが一定層いて、

コンサルがまるで宗教のように見えることからも

うさんくさいと言われる理由です。

それだけ凄い経営者だというのはわかりますが、

何でものめりこみ過ぎて自分の意見や医師を失っては

元も子もないような気もします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました