ポンペイで逃げ延びた人は今どこにいる?呪いがかかったままなのか

エンタメ

イタリアのポンペイ遺跡は実話です。

ベスビオ山の火山によって一瞬のうちに消されました。

現在は、Scavi di Pompeiに

恋人と思われる

女性か男性の抱き合う二人の当時の姿が石膏の状態で生々しく残っています。

ポンペイ遺跡の石膏遺体の写真が当時の状況をリアルに語っています。

リアルすぎて幽霊とか出そうなくらいです。

この貴重な遺産は、

もちろんユネスコの世界遺産に指定されています。

 

日本ではあまり話題になりませんが、

現在ポンペイ展が2022に福岡や京都などで開催されています。

2022年1月~12月の1年間、全国4会場巡回予定です。

チケットやグッズも人気です。

ポンペイには沢山の謎が隠されています。

助かった人はいるのでしょうか?

秘儀荘に隠れていたのでしょうか?

そこで、

・ポンペイ なぜ逃げない

・ポンペイ 逃げ延びた人

・ポンペイの呪い

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

Scavi di Pompeiベスビオ山の場所と距離は?

ポンペイ遺跡はイタリア語で

「Scavi archeologici di Pompei(スカーヴィ・アルケオロジシ・ディ・ポンペーイ)」

と言います。

この遺産は西暦79年にベスビオ山が大噴火して

周辺の古代ローマ帝国の都市とその住人は一夜にし消滅した後に残ったものです。

ベスビオ火山とポンペイの距離は10kmでした。

火山が爆発し、火山灰が降り注ぎ、さらには山肌を熱い火砕流が流れました。

最終的には、土石流に埋もれます。

長居年月の間、土壌に埋もれていたそうです。

ポンペイよりもベスビオ火山に近い町は、

跡形もなく燃えてしまったようで、

遺体などが石膏の状態で生々しく残っていたのがポンペイだったようです。

スポンサーリンク

ポンペイ遺跡の抱き合う二人の石膏やキスって?

ポンペイ遺跡には心が痛むような石膏が数多く残っています。

その中でも抱き合う二人の乙女だと思われていた石膏が

実はゲイカップルだったなど、

当時のリアルな日常も石膏から発見されています。

調べてみると、【石膏 キス】という言葉が出てきました。

キスした状態で発見されたのかと思いきや、

映画【ポンペイ】のラストシーンに登場する石膏像の事だったようです。

映画に登場した石膏像が実際にあるのかと

思った方が検索されているみたいですね。

しかし、本物の写真などが見つからないので

映画用に作られた小道具だったのではないかと言われています。

スポンサーリンク

ポンペイ遺跡なぜ逃げないの?

ベスビオ山の噴火で犠牲になった人は、

当時のポンペイ人口2万人のうち2千人だったようです。

なぜ逃げなかったのかというと、

詳しい事情はまだ解明されていません。

火山が起こる前に大きな地震があったそうで、

その時に逃げなかった人が犠牲となったらしいです。

現在まだポンペイ遺跡には謎が多く、

世界中の学者さんが調査中です。

スポンサーリンク

ポンペイで逃げ延びた人いる?

ポンペイで逃げ延びた人はいるようです。

市民皆が犠牲になったわぇではなく、

火山が噴火する前に逃げています。

ベスビオ山から5kmしか離れていない町ヘルクラネウムでも

15000人が住んでいました。

犠牲になった人数は、この二つの町併せて2000人ほどなので、

かなりの人数が逃げています。

では、どこに逃げたのだろうと思いますよね?

逃げた先は調査中だそうです。

ローマに逃げたという学者さんもいます。

今後、逃げた先が解明されると、

今後、火山が起こった時の避難対策に応用できるかもしれませんね。

スポンサーリンク

秘儀荘に隠れていたの?

ポンペイの郊外で見つかった秘儀荘というかなり保存状態の良い

建物が見つかっています。ローマ時代の別荘といわれています。

この建物は現在ポンペイ考古学公園になっています。

なので、実際に見ることができるようになっています。

秘儀荘は、ただの別荘ではありませんでした。

この建物は、ディオニソス教を信仰するための建物だったようです。

なぜそれがわかったのかというと、

この秘儀荘の壁画には、

ディオニソスの秘儀への入信の場面を描いた連続画ではないか

と言われているからです。

 

もしかしたら、

秘儀荘に逃げ隠れていた人もいたかもしれませんね。

スポンサーリンク

ポンペイの呪いって何?

ポンペイにはもうひとつ不思議なことがあります。

それは【呪い】があるということです。

呪いがあるという事実は、カナダ人の証言から発覚しました。

遺跡から15年前に出土品を持ち帰ったカナダ人女性が、

呪いによって相次ぐ不幸に見舞われた

参考:https://www.cnn.co.jp/fringe/35160819.html

持ち出した出土品は、

・白いモザイクタイル2枚

・アンフォラ壺(つぼ)2点、

・セラミック壁1点の断片

だったそです。

どんな災いを引き起こしたのかというと、

・乳がんに2度患う

・乳腺切除手術を2度受ける

・金銭銭トラブルに見舞われる(家族)

だったようです。

怖ろしいことに、

この方だけでなく、

他にも出土品を持ち去った方々から

同様の理由で数多く返品を受けているそうです。

めちゃくちゃヤバい遺跡です。

おそらく、当時被害にあった方の怨念が今も

遺産と共にあるということかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ポンペイについてまとめました。

ポンペイで犠牲となった人は

3万5千人のうち2000人です、

なのでかなりの人が逃げています。

なぜ逃げれたのかというと、

今のところ、

噴火前の地震が起こった時点で逃げたそうです。

どこに行ったのかまではまだ調査中ですが、

ポンペイ近郊の町に逃げたと言われています。

また、ポンペイには呪いがあるようで、

出土品を持ち去った人々から返品されているものが

多数あるそうです。

今も返品された方は呪いにかかったままなのかは不明ですが、

ポンペイの呪いに心が縛り付けられたままの可能性もありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました