西川厚志の学歴プロフと妻や娘息子は?評判や派閥もチェック!

エンタメ

元愛知県議会議員の西川厚志さんが、

第49回衆議院議員総選挙に愛知5区から立候補されました。

どんな方なのでしょうか?

家族や学歴と派閥についてまとめました。

スポンサーリンク

西川厚志の高校や経歴は?wiki風プロフィール

名前:西川厚志(にしかわ あつし)

生年月日:1969年5月20日

年齢:52歳

出身地:愛知県名古屋市

最終学歴:早稲田大学第二文学部 卒業

役職:立憲民主党 愛知県第5総支部長

事務所:愛知県名古屋市中川区一色新町1丁目

電話番号:052-309-7056

主な経歴:愛知県議会議員(5期)立憲民主党愛知県総支部連合会 団体対策委員長 衆議院議員赤松広隆 秘書


西川あつしさんは、名古屋市出身の52歳です。

実家は魚屋さんで、中川区下之一色町にあるそうです。

学歴は、正色小学校→東海中学→東海高校→早稲田大学第二文学部に進学をされてます。

東海中学・高等学校は他の議員さんも通われた名門私立校です。

政治活動のきっかけは、

大学在学中に赤松広隆代議士の秘書を務めたことからスタートされてます。

実の父親が赤松広隆代議士を熱烈に応援されていたそうで、応援弁士も務めたホドだったようです。

その父親が赤松広隆代議士に息子(西川あつしさん)を

事務所の電話番にさせてくれませんか?とお願いされ、

赤松広隆代議士の秘書を務めることになりました。

 

その後、2002年に愛知県議会議員選挙に初当選され、

それ以降連続で5期当選されてます。

さらには、立憲民主党愛知県連の政調会長を務められ

現在は団体対策委員長をされてます。

所属政党は、民主党→民進党→立憲民主党と変わっておられます。

今回の総選挙には立憲民主党からの立候補です。

スポンサーリンク

西川厚志の評判や派閥も気になる!

西川あつしさんは、

2020年12月に赤松広隆氏が引退を正式に表明され、

後任には愛知県議会議員の西川を擁立することを発表されたことから

赤松グループであると思います。

また、

枝野氏も応援に駆けつけていることから旧立憲民主党グループだと思います。

愛知県全15区のほとんどに立候補されている立憲民主党所属者のうち、

党内でも派閥争いが繰り広げられることと思います。

西川あつしさんの評判は、連続で5期当選されているので

評判は悪くないと思います。

しかし過去に不正受給をされた経験があることから

良く思っていない方もいると思います。

スポンサーリンク

西川厚志の妻と娘息子は?

西川あつしさんの家族を調べてみたんですが、

情報がみつかりませんでした。

年齢的にはお孫さんがいてもおかしくないと思います。

情報が入り次第更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

西川あつしさんについてまとめました。

実家は地元の魚屋さんでした。

政治活動は魚屋さんを経営されていた父親の影響でした。

もし、父親が赤松弁護士に事務所の電話当番をお願いしてなかったら

今の西川あつしさんはいなかったことと思います。

魚屋さんをされていたかもしれませんね。

そんな西川あつしさんの家族の情報は探してもみつからず不明でした。

西川あつしさんは素敵な方だと思うので年齢的にも、

奥さんとお子さんはいると思います。

情報が入り次第更新していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました