実話】タイタニック沈没に陰謀論がある?その真相は?

エンタメ
出展:YouTube

こんにちは。meguです。

 

1997年に話題になった映画

【タイタニック号】は実話をもとに製作されており

当時はとても話題になりましたね。

私も友人と一緒に映画館へ行きみましたが、

悲しすぎてとても印象に残っている映画です。

豪華客船が沈没する壮絶な実話。

これには、

陰謀論が浮上しているようなのです。

 

故意に沈没させたとしたら

かなり悪質ではないですか??

どんな陰謀論なのかまとめてみました!

スポンサーリンク

実話】タイタニック沈没どんな話?

タイタニック号(Royal Mail ShipTitanic)は、

イギリスのホワイト・スター・ライン社が北大西洋航路用に計画し、

造船家のアレクサンダー・カーライル

トーマス・アンドリューズによって設計され、

北アイルランドのベルファストにある

ハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造された豪華客船

ホワイト・スター・ラインが保有するオリンピック級客船で、

姉妹船にオリンピックブリタニックがある。

(Wikipediaより)

タイタニック号沈没事件とは

処女航海中の1912年4月14日深夜に、

北大西洋上で氷山に接触し、

翌日未明にかけて沈没した。

犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(ほかに1,490人、1,517人、1,522または1,523人、1,609人などさまざまな説がある)であり、

戦時中に沈没した船舶を除くと20世紀最大の海難事故だった。

(Wikipediaより)

タイタニック号沈没は、

豪華客船が氷山にぶつかりのちに沈没した実際にあった事件です。

スポンサーリンク

実話】タイタニック沈没に陰謀論がある?

タイタニック号が沈没した事件には

数々の陰謀論もあります。

 

・保険金詐欺

タイタニックと

タイタニックにそっくりな姉妹船のオリンピックが

航海前に密かにすり替えられていて、

実際の事件で沈んだのは、

実はオリンピック号のほうだったという説。

 

オリンピック号は内装も外装も

タイタニック号とうりふたつだったそうですよ!

 

・ライバルを消すため

タイタニックのオーナーのJ.P.モルガン(ウォール街の帝王)が、

ライバルを計画的に消すために仕組んだ事故だったという説。

ライバルとは、

ジョン・ヤコブ・アスター四世、

ベンジャミン・グッゲンハイム、

イシドー・ストラウスたちは実際になくなったそう。

ライバルを消すために数多くの関係ないひとが犠牲になったとしたら

かなり悪質ですよね?

 

これらの陰謀論は本当なのでしょうか?

その真相が気になるところですよね。

スポンサーリンク

実話】タイタニック沈没の真相は?

タイタニック号の事故の真相を

イギリスの番組が突きとめていたそうです。

その番組によると、

 

・氷山がぶつかるという警告を受けていながら

 進路変更しなかった

・有力者が乗船をキャンセルしていた

 

という事実があったと番組で紹介をされていたようです。

ほかにも

フランス国立研究所などの検証により事故の事実が浮上しました。

それによると、

タイタニック沈没の理由は

巨額な保険金が目的だったそうです。

 

タイタニック号が事故にあった時期は

世界的に景気が悪化していたそうです。

 

しかもタイタニックを所有していた

ホワイト・スター・ラインは破産寸前の状況。

 

しかも沈没したのは、

タイタニック号ではなく姉妹船の

オリンピック号だったようです。

すり替えをしていたようですよ!

スポンサーリンク

実話】タイタニック沈没に陰謀論がある?その真相は?のまとめ

タイタニック号が沈没したのは

氷山にぶつかったためだと思われていましたが、

近年の調査や研究により

次第に真相が暴かれてきました。

 

巷で噂になっていた陰謀論が

実は真実に近いものも含まれていたようですね。

 

映画ではきれいなお話になってましたが、

実際はお金が絡んでいた私利欲まみれの

ドロドロの事件だったみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました