森田真帆の結婚や子供の人数に彼氏は?経歴が波瀾すぎる!wiki風プロフ

エンタメ
出展:公式ブログ

こんにちは。meguです。

 

映画ライターとして活躍をされている

森田真帆さん。

経歴が波瀾過ぎると話題になってます。

一体どんな人なのでしょうか?

婚姻歴や子供も併せて調べてみました!!

スポンサーリンク

森田真帆の年齢や学歴は?wiki風プロフ

名前:森田真帆(もりた まほ)

生年月日:1980年生

年齢:41歳

出身地:東京都

職業:ライター・別府ブルーバード劇場のプログラムアドバイザー

最終学歴:私立成城学園

 

森田真帆さんは東京都出身で

今年41歳になります。

年齢よりも若く見えるし、とてもきれいな方です。

最終学歴は、

東京都内の大学を1年で中退されているので

私立成城学園だそうです。

 

現在の主な職業は

映画ライター兼劇場のプログラムアドバイザー

となってました。

森田真帆さんのブログランキングは1位!!

ライターさんとして大活躍されてます。

 

これだけのプロフィールをみると

一見波瀾とはかけ離れているようにもみえますが、

森田真帆さんの経歴を調べてみると

ホントに凄いんですよ!!

内容の濃い人生すぎて

よく心身ともに壊れずに活動をし続けれるなあと感心します。

スポンサーリンク

森田真帆の経歴が波瀾すぎる!

森田真帆さんの経歴が凄くなっていくのが、

大学1年で中退して

18歳で渡米され、

ハリウッドで映画製作の現場で働いたところから始まります。

 

ハリウッドの現場で経験を積んで20歳で帰国されますが、

その間に近所の人と結婚して

お子さんを出産し離婚をされてます。

 

帰国してからは、

看護学校に入学して助産師を目指します。

しかし、体調不良で入院したことがきっかえで

助産師になるのをあきらめます。

 

体調が戻ってからは、【シネマトゥデイ】

働きます。しかし再び体調不良に見舞われ、

あえなく退職されます。

 

 

森田真帆さんがやっと

仕事の軌道にのっかりだしたのは、

2015年でした。

当時、

現在お勤めされている

別府ブルーバード劇場と出会い、

すっかりほれ込んだ真帆さんは

現在プログラムアドバイザーとして勤務することになったのです。

 

そして、

1人でも多くに映画の魅力を伝えたい!という思いで

映画ライターとしても活動中なんです。

 

体調不良に見舞われることが多い森田真帆さん。

その理由は、私生活にあるんじゃないかなって

おもいました。

スポンサーリンク

森田真帆が結婚して14日で離婚?現在の彼氏は?

森田真帆さんは婚姻歴も豊富なんです。

その回数は3回!!

 

一回目は、

ハリウッドで出会ったご近所のアメリカ出身男性。

真帆さんが、

1998年の18歳~2000年の20歳までの

渡米機関中に出会いから結婚して離婚。

 

二回目は、

日本出身のラグビーをしていた方と結婚。

期間や時期は不明ですが、

結婚生活は5年間。

 

三回目は、

日系のアメリカ出身の方とハワイで出会い結婚。

カウンセラーの方だったそうです。

結婚期間はなんと2週間!!

 

そして、

現在の彼氏はひろきくんだそうです。

森田真帆さん、かなりモテますね!!

では、お子さんはどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

森田真帆に子供はいる?

 

森田真帆さんのお子さんは、

現在1人です。

1回目の結婚の時に授かったお子さんです。

真帆さんが20歳の時に出産しました。

 

2000年に生まれたので、

離婚は子供が生まれてから直ぐですね!

 

現在のお子さんの年齢は、21歳になります。

名前はカムイくんだそうですよ!!

出展:公式ブログ

 

写真をみてると、

親子仲の良さっが伝わってきますね。

息子さんは、とても立派に育ってますね!

帰国してから必死に息子さんと育ててきたと思います。

真帆さんお疲れさまでした!!

スポンサーリンク

森田真帆のの結婚や子供の人数に彼氏は?経歴が凄すぎ!のまとめ

映画ライターの森田真帆さんは、

経歴が凄すぎてびっくりしました。

 

何が凄いかというと、

何度も体調不良になりながらも

さまざまな分野でチャレンジをされていたことです。

しかも私生活では、

お子さんを抱えて結婚も3回もされています。

 

現在は映画ライター・映画館の館長補佐をされており、

映画関係のお仕事をされてます。

 

こんなに苦労をしてきたのに、

若々しい感じがして元気で

それでいてキレイです。

とても41歳にはみえません。

 

しかも彼氏もいます。

ある意味、

充実した人生を歩んでいるのかもしれませんね。

でも、無理はせずご自愛ください。

今後の活動を応援してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました