きくちゆうきの100日後に死ぬワニ作者の年齢や経歴に他の作品が気になる!

アーティスト
出展:Facebook

こんにちは。meguです。

 

「100日後に死ぬワニ」が

SNSで大きな反響を呼んでいます。

去年の12月かた突如として始まったワニの話。

毎日Twitterで更新されており、

フォロワー数がどんどん増加中!

 

その作者であるきくちゆうきさんって

何者なんでしょうか?

気になるので調べてみました!

スポンサーリンク

きくちゆうきの年齢や出身地に学歴は?wiki風プロフィール

名前:きくちゆうき

本名:不明

出身地:東京都生まれ

生年月日:1986年

年齢:34or33歳

最終学歴:都内工芸高校の定時制インテリア科

職業:イラストレーター・アーティスト

 

きくちゆうきさんの本名は不明でした。

そしかしたら、活動名と同じかもしれません。

年齢は、生年月日からすると、

34歳もしくは33歳くらいだと思います。

 

職業はイラストレーター・アーティスト

ということで、

漫画の他、グッズ制作、漫画、絵本、アニメなど

様々なキャラクターを描いています。

 

きくちゆうきさんの

ゆるい感じの絵に込められているのが

深い意味だったりする

独特の世界観がクセになる人多いのではないでしょうか?

 

最終学歴は、

地元の工芸高校の定時制インテリア科ということで、

その後のきくちゆうきさんの生い立ちが気になります。

スポンサーリンク

きくちゆうきの経歴や生い立ちは?

きくちゆうきさんの経歴や生い立ちは、

公式ホームページに記載されてました。

それによると、

 

幼稚園の頃からものつくりが好きだったようで、

作品を褒められたそうです。

小学校、中学校と進学するにつれ、絵の腕が上がっていき、

中学時代には落書きを先生に褒められるという

エピソードもあった程の腕前だったそうなんです。

 

そのような過程を経て、

先生の勧めで、地元の工芸高校の定時制高校へ入学します。

そこではインテリア科を専攻されたようです。

 

イラストレーターになったきっかけは、

20歳の頃に親友が事故で亡くなったことでした。

悲しくて相当落ち込んだそうです。

どん底まで落ち込んだとき、

ふと、何かできないかなと思って絵を本格的に書き始めたそうですよ。

 

27歳の頃には、

イラストレーターとして独立されてます。

そして、様々な作品を世に生み出してきました。

出展:Facebook

イラストレーターになるきっかけが衝撃的です!

 

もしかしたら、

友人が亡くなってイラストレーターになったきっかけが

話題になっている「100日後に死ぬワニ」と

何か関係があるのかもしれません。

きくちゆうきの100日後に死ぬワニどんな話?

きくちゆうきさんがSNSに投稿し、

ほぼ毎日更新されている

「100日後に死ぬワニ」

という話は、

ワニが死ぬまでの日々を四コマ漫画で記載されてます。

 

きくちゆうきさんが作品に込めた思いは、

「いつか死ぬ」生きているということはいつか死ぬということ。

自分の「終わり」や周りの人の「終わり」

それを意識すると、

行動や生き方がより良い方向にいくのではないか。

ワニを通してそれらを考えるきっかけにでもなればいいなと思っています。

(引用:https://www.oricon.co.jp/special/54184/)

この、きくちさんが作品に込めた思いを知ると、

イラストレーターになったきっかけでもある

友人の死と向き合ったきくちさんの気持ちが

浮かんできます。

出展:Twitter

 

このような思いを持って作品を読むと、

また別の視点で作品を感じることができますね。

 

とっても奥深い話でした。

 

他にもきくちゆうきさんの代表作品があります。

スポンサーリンク

きくちゆうきの作品が気になる!

きくちゆうきさんの作品の中でも

代表作は「どうぶつーズ」です。

どうぶつーズの漫画は、現在も連載されてます。

2015年~「どうぶつーズの漫画」幻冬社plus

2016年~「SUPERどうぶつーズ」リイド社のリイドカフェ

気になる方は読んでみてください。

 

どうぶつーズは、どうぶつの仲良しの日常を

面白く描いてあります。

出展:ラインスタンプストア

他には、ラインスタンプや、

イベントポスターなども手掛けられてます。

 

公式ホームページには、

きくちゆうきさんのキャラクターグッズも販売されてます。

個人的には、

ラインスタンプがシュールでいいなあと思いました。

 

気になる方は見てみてください!

スポンサーリンク

きくちゆうきの100日後に死ぬワニ作者の年齢や経歴に他の作品のまとめ

 

きくちゆうきさんは、

SNSに「100日後に死ぬワニ」という漫画を投稿した結果、

話題の作品になりました。

 

ワニの漫画を通して、

死に向き合って日々を過ごす日常を提案されてます。

 

それが、イラストレーターになったきっかけにも

リンクしているようにも思えます。

 

きくちゆうきさんの気持ちが

とっても感じることができる作品なので、

是非とも一度は読んでみた方がいいですよ!

人生観が変わるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました