奥泉和也クラゲ館長の経歴や大学は?学習・体験会飼育員研修の募集はいつ?

話題
出展:Facebook

こんにちは。meguです。

 

7対14日に放送される

情熱大陸という番組に

奥泉和也さんが出演されます。

 

山形県鶴岡市の加茂水族館で、

クラゲ館長として活動をされてます。

 

その活動は、水族館閉館の危機を救っただけでなく、

世界トップを誇るクラゲの飼育員として

くらげ界を引率されている凄い方なんです。

 

世界からくるクラゲ飼育員の研修も

されているそうなんです!

どこの大学を卒業されたのでしょうか?

クラゲの研修はだれでも受けることができるのでしょうか?

 

奥泉さんの経歴も合わせて調べてみました!

 

奥泉和也クラゲ館長の経歴や大学は?妻と子供いる?wiki風プロフィール

名前:奥泉和也

出身地:山形県鶴岡市

生年月日:1964年6月

年齢:55歳

最終学歴:地元の農業高校卒業

職業:加茂水族館のクラゲ館長

婚姻:既婚

家族:妻と長女と長男

 

奥泉さんは、加茂水族館の地元である

山形県鶴岡市にて生まれました。

今年で55歳です。

 

Facebookによると、

結婚をされており、

娘さんと息子さんがいるそうです。

出展:Facebook

写真をみると、

若くして結婚をされたのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

奥泉さんは、

子供の頃から海と釣りが好きだったそうで、

【海の近くで仕事がしたい】

という思いて抱いていたそうです。

 

大学は行っておらず、

地元の農業高校を卒業後、

1983年よりアシカの飼育員として、

加茂水族館に入社されてます。

 

現在のクラゲ館長になったきっかけは、

偶然サンゴ礁の水槽内で生まれた

クラゲを発見し、

飼育展示したことでした。

 

当時、加茂水族館は、

全国の水族館ブームの波に押され、

お客さんの足が遠のいてしまい、

閉館の危機にまで業績が落ち込んでいました。

 

そんな状況の時、

偶然生まれたクラゲを飼育展示したところ

これがヒットしたのです。

 

それがきっかけで、

現在では、

60種類を展示するまでに

拡大されていったのです。

 

2003年には、

世界的にもクラゲの飼育で有名な

アメリカのモントレーベイ水族館を抜き、

世界一のクラゲの飼育展示を誇り、

 

2006年のは飼育展示の数の多さから

ギネス認定もされてます。

 

世界をまたにかけクラゲを捕獲し、

飼育展示する奥泉さん。

 

クラゲ飼育員から絶大な支持を受け、

世界から飼育員訪れる研修も

指導も担当されているのです!

 

こんなに凄い実績を持っているのなら、

さぞかし有名な方に教わったのかと

思ってしまいますが、

奥泉さんの凄いところは、

独学で研究を重ねたということです!

 

独学で習得した技術や知識も独占することなく、

クラゲ飼育員に全て伝えておられるのです!

奥泉和也クラゲ館長の飼育員研修誰でも受けれる?募集はいつ?

奥泉さんが館長を務める

加茂水族館には、

くらげについて詳しく知りたい飼育員さん達が

世界から集まってくるそうです!

 

その方のために、

研修を行っているそうですよ!

出展:Facebook

Facebookには、

パリ水族館の館長さんと

仲良しな姿が投稿されてました。

 

ここの水族館のクラゲ飼育員さんも

研修に来ていることと思います。

 

世界の水族館のクラゲ展示飼育に携わっている

奥泉さん。

 

研修が誰でも受けることができるのでしょうか?

 

調べてみたところ、

一般の方向けの体験や学習プログラムが

用意されてましたよ!

 

・【学習用教材】どんどん増えるよポプリちゃん紙芝居

・【図鑑】庄内でみられる生みの生き物図鑑

 

・【実習生】大学生・専門学校生を対象とした、インターンシップや飼育実習などの受け入れ

大学生・専門学生限定。募集期間6月~9月の間で3日~2週間。無料だが、宿泊・食費等は自己負担

・【貸出】クラゲ飼育セットの貸し出しをしてます。

水槽・海水・クラゲのセット。1週間のレンタル期間。宅配不可。

・【学習会】10人以上で申し込み可能なクラゲ学習会

50分~60分程度。小学生以上10人~70人までが対象。無料。予約は専用フォームより受付。

 

それぞれ詳しくは、

公式ホームページより確認できます。

スポンサーリンク

奥泉和也クラゲ館長の経歴や大学は?飼育員研修の募集のまとめ

クラゲ水族館館長の奥泉和也さんは、

世界的に有名なクラゲ飼育員さんでした。

 

奥泉和也さんの活躍で、

加茂水族館は世界一のクラゲ水族館に

認定されてます。

世界からも研修員が来るほどの有名ぶり。

 

独学で習得した技術

や知識を余すことなく指導・レクチャーしてくれてます。

 

それは、クラゲを大切にする思いが強いから

だと思います。

 

一般の方向けに

学習・体験プランも用意されてます。

これからも、くらげについての研究を深めていかれる

奥泉和也さんの活動を応援してます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました