松島トモ子なぜライオンとヒョウに襲われた?結婚やパニック障害の現在は?

話題
出展:youtube

こんにちはmeguです。

 

5月31日に放送される

爆報フライデー

という番組に

松島トモ子さんが

出演されます。

 

女優としてミネラル麦茶のCMや

ひょっこりひょうたん島の

声優をされたりと、

昭和を代表する女優

だった松島さん。

ある時期から、

芸能活動を休止されてました。

現在73歳です。

 

それまで、

様々な体験をされています。

トリビアにも紹介されていました!

 

その驚きの内容と、

現在の病状について

まとめました。

 

松島トモ子驚愕の人生体験!生後間もなくから波瀾だった!

松島トモ子さんは、

1945年生まれです。

現在73歳です。

 

芸能活動は、

4歳の頃からされてました。

 

松島トモ子さんの波瀾な人生の内容は、

・父親シベリアに抑留され生死も不明

・生後まもなく満州国からの引き揚げを体験

・4歳デビュー時は栄養失調だった

・1986年ライオンとヒョウに襲われ頸椎複雑骨折

・2016年母親が認知症になり介護ストレスでパニック障害に

 

生後まもなくより

波瀾な人生を歩んでいた

松島トモ子さん。

 

芸能界を休止して、

母親の介護に

つきっきりだったようです。

スポンサーリンク

松島トモ子なぜライオンとヒョウに襲われた?

松島トモ子さんが

ロケの最中に起こった

事件は、

 

10日間のうちに、

ライオンとヒョウに襲われてます。

 

襲われたライオンは、

ナイロビのコラ動物保護区で、

ラクダの肉で餌付けされ

人に慣れた雌ばかり7頭

ライオンの群れと接触し

子ライオンと戯れていたところでした。

 

松島トモ子さんの眼球が大きく

それがライオンにとっては驚異に感じ

とっさに母ライオンが

噛みついたようです。

 

首や太腿に全治10日の怪我

を負ったのです。

 

完治した10日後、今度は、

ヒョウのロケをされました。

 

 

スポンサーリンク

 

保護区のスタッフと共に、

保護されている雌ヒョウを

見にいきました。

 

そこでヒョウに待ち伏せされ、

首を噛まれたのです。

骨がガリガリ

という音が聞こえた程だったようですよ!

 

ヒョウに噛まれた理由は、

保護区のスタッフと仲良くしていた

松島トモ子さんに

ヒョウが嫉妬したそうです

 

第四頚椎粉砕骨折と診断されました。

ちょっとずれていたら

死んでいたこの事件は、

 

ニューヨークの学会で

発表されたほどの奇跡でした!

 

松島トモ子さんは、

この事件から立ち直るまでに

20年以上かかったそうです。

スポンサーリンク

松島トモ子の結婚や子供は?

松島トモ子さんは、

結婚されているのか

調べてみたところ、

 

未婚なようです。

ずっと、母親と二人暮らしです。

 

その母親が、

2016年より、

容体が悪化されたようです。

スポンサーリンク

松島トモ子母親痴呆でパニック障害に?現在は?

松島トモ子さんの現在の活動は、

頸椎損傷の過去から、

体型を維持され、

毎日1時間のトレーニングにも

励んでおられます。

 

体重は40kgだそうですよ!

身長がちょっと不明です。

 

その他、

車いすダンス選手権で

優勝されたことが

きっかけで、

現在広報担当として、

 

東京パラリンピックの

正式種目にするため、

活動されているようです。

 

そして、松島トモ子さんの

母親は、

2016年より、認知症の悪化により

失禁するようになり、

 

そんな母親の姿を見ながら

介護をされるうちに

松島トモ子さん自身が

パニック障害に陥ってしまったのです。

 

母親は、幻視という症状も現れ、

対応には大変困難を要したようです。

 

現在松島トモ子さんのパニック障害も

適切な治療を受け、

安定されているようです。

 

介護問題は、

今後経験される方が増える

悩みでもありますね。

スポンサーリンク

松島トモ子ライオンとヒョウに襲われた理由と結婚やパニック障害の現在のまとめ

4歳の頃から、

芸能活動をされていた

松島トモ子さんは、

 

ヒョウやライオンに噛まれたり、

命からがら、日本へ帰国されたりと、

とても波瀾な人生を歩んでおられます。

 

現在は、長年マネージャーを務められた

母親が痴呆になり、介護のため

芸能活動を休止されてました。

 

そんな中、自身もパニック障害になり

心身共にギリギリの状態だったのです。

 

現在は、安定されているようで、

介護の過酷さを感じます。

70歳を超えても精力的に活動をされている

松島トモ子さんに勇気をもらいました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました