ホリエモンロケットの費用や目的に北朝鮮との関係

話題
出展:http://horiemon.com

こんにちは。meguです。

 

ホリエモンロケットならぬ

MOMO 3号機が、

民間企業で

日本初の打ち上げに成功しました!

 

1号機、2号機は、

失敗に終わりましたが、

ついに打ち上げに成功したのです!

出展:http://horiemon.com

3号機を成功させる為に、

クラウドファンディングにて

資金集めされたり、

 

ひふみ投信がスポンサー契約

されたりしてます。

 

ロケットの目的や費用が

きになりますね。

 

また、ホリエモンロケットに感化され、

北朝鮮がミサイルを打ち上げたとも

言われてます。

 

詳しくしらべてみました。

スポンサーリンク

ホリエモンロケットの目的は?

ロケット開発スタートアップの

インターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)

 

ファウンダーの

堀江貴文氏による、

観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機

4日午前5時45分、

高度100キロメートルの

宇宙空間に到達しました。

 

ホリエモンロケットの特徴は、

世界最低性能ロケット

なんです。

 

従来よりも格安で作成でき、

使い捨て型だそうです。

 

超小型衛星を打ち上げたい

という企業の

需要が高まり、

 

その供給に応える為、

ロケットを作成しているのです。

 

 

スポンサーリンク

 

量産できれば、更にコストダウンでき

お手軽にロケットを打ち上げできると

ビジネスチャンスに目を付けたのが、

 

ロケットを打ち上げる目的

だそうです。

 

これが実現したら、

とても便利な

世の中になりますね!

スポンサーリンク

ホリエモンロケットの費用は?

ホリエモンロケットは、

最小限の設備で作られています。

 

その為、

一般的には、1機打ち上げるのに、

億単位の金額がかかります。

 

それをホリエモンロケットは、

数千万円という価格

提供できるということでした。

 

 

スポンサーリンク

 

使い捨てにすることで、

回収する手間と工賃も削減でき、

 

最小限の設備で、格安の金額で

打ち上げが可能になるのです。

 

企業が手を出せる金額に

設定することで、

浸透するようにと考えられています。

 

MOMO3号機は観測ロケットであり、

打ち上げが目的でした。

 

ホリエモンは、

衛星軌道投入ロケット「ZERO」を

同時開発されており、

 

衛星を軌道に確実に届けることができる

ロケットも開発されているのです。

 

MOMOが打ち上げ成功されたので、

ZEROの成功も間近ではないでしょうか?

 

ホリエモンのお陰で、

宇宙がとても近く感じます。

未来が楽しみですね!

スポンサーリンク

ホリエモンロケットの北朝鮮との関係は?

ホリエモンロケットが

打ち上げに成功した

という情報がある中、

 

北朝鮮が日本海に9発のミサイルを

発射したとのニュースがありました。

 

偶然なのか、必然なのか

謎な部分があります。

 

どうなんでしょうか?

スポンサーリンク

ホリエモンロケットの費用や目的に北朝鮮との関係のまとめ

ホリエモンロケットこと、

MOMO3号機が

無事に打ち上げ成功しました!

 

1号機、2号機は

あえなく失敗しましたが、

今回の3号機は成功しました!

 

それと同時期に

北朝鮮がミサイルを

発射させたそうなんですが、

 

スポンサーリンク

ホリエモンロケットとの

関係はないと思います。


MOMOの次は、

ZEROの打ち上げが控えてます。

これが成功したら、

数千万円で小型衛星を

打ち上げることができますね!

 

宇宙ビジネスは、

これから熱くなっていきそうな分野です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました