新紙幣と硬貨の発行時期違うのなぜ?電子マネーや旧紙幣は使える?

話題
出展:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/09/news074.html

こんにちは。meguです。

 

新紙幣の情報が

報道されてましたね!

 

新紙幣のデザインや、

使用される人物画も

紹介されてました。

 

500円硬貨も

変わるということです。

出展:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/09/news074.html

新しく変わる時期なんですが、

硬貨と新札が違うそうなんですよ。

 

なぜ違うのでしょうか?

しかも、年号が変わると同時に

紙幣も変わるわけではないんです!

 

それには、

理由があるようですよ!

 

そして、新紙幣変更に伴い

詐欺事件も起こってます。

 

電子マネーになれば、

このようなトラブルも

減りそうですね!

 

旧紙幣に有効期限があるのでしょうか?

旧紙幣が使えない時は

どういった条件なのか

調べてみました。

スポンサーリンク

新紙幣と硬貨の発行時期違うのなぜ?

新紙幣の変更は、

2024年と報道をされてました。

 

個人的には、

新年号に代わる時期と同時に

変更されるものかと思いましたよ!

 

新年号になる為に

紙幣も変更されるのかと

思ってました。

 

なぜ2024年という

中途半端な時期に

変更をされるのでしょうか?

 

調べてみたところ、

 

紙幣は、偽造防止の為

20年ごとに変更をするように

しているそうなんですよ!

 

現在の紙幣が変更された年号は、

2004年でした。

 

そのこから、20年後の

2024年に

変更をするという理由だったんですね!

 

この理由を知って、

納得です!

 

では、硬貨の変更の時期も

紙幣と同じなのでしょうか?

 

硬貨の変更は、500円玉のみです。

 

現在の硬貨は、

2000年に変更をされてます。

 

今回の新硬貨は、

2021年の上期を目処に

変更をしていくという

ことでした。

 

硬貨も紙幣と同じく、

防犯が目的で変更されます。

 

それなのに、

時期が紙幣とは違うようですね。

 

しかも、

新紙幣とは違う時期になってます。

なにか理由があるのでしょうか?

 

調べてみたところ、

その時代の変化に応じた時期に

変更をしていいるようなんです。

 

1982年に

500円玉硬貨が発行された時は、

 

ウォン硬貨などの

海外の硬貨を利用しての

偽造硬貨が、自動販売機を中心に

多発しました。

 

その為、2000年に

モデルチェンジしてます。

 

その後は、偽造硬貨が減るも、

2003年頃から再び

偽造硬貨が多発すうりょうになったのです。

 

その為、

今回3代目500円硬貨を

発行するに

至ったようです。

 

これらの偽造は、

現在世界で復旧している電子マネーで

解決できるのでは

ないでしょうか?

 

日本の電子マネー事情は

どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

電子マネーは日本では進んでるの?

電子マネーは日本に比べると、

世界では、浸透している

通貨です。

 

管理や、支払いにとても便利です。

 

日本では、電車などの交通機関や、

コンビニと、店舗で見かけますね。

 

しかし、まだ電子マネー決済を

導入していない

場所の方が多く感じます。

 

なぜ世界では、浸透しているのに

日本では浸透しないのでしょうか?

 

日本の方のほとんどは、

スマホを所持されているかと

思います。

 

その点からも、浸透しやすいのでは

ないでしょうか?

 

日本の20歳代~30歳代の人に

電子マネーがどのくらい浸透しているのか

調査したデータが公開されてました。

 

それによると、

浸透率は、50%位であり、

所有されているカードの種類は、

 

交通機関のものが多い

という結果が出てました。

 

そのことから、

交通系の電子マネー

はそこそこ浸透しているも、

 

その他では、

浸透率が低いということでした。

 

それは、地方に行くにつれ、

浸透率も低下してます。

 

尚且つ、

電子マネーの浸透を

望んでない

という意見が半数以上という結果にも。

 

現金決済での不自由さを

感じてないのが

理由だそうです。

 

そうなると、時代は電化製品が増え

学校授業では、

プログラミングという教科が加わりますが、

 

完全にデジタル時代になるには

時間がかかかりそうですね。

 

現金も当分活躍しそうです。

 

旧紙幣の有効期限や使えない条件は交換してくれる?

新紙幣になるという

ニュースと同時に、

詐欺被害に対しての

ニュースも出てました!

 

その内容は、新紙幣に切り替わると、

旧紙幣は使用できなくなるから、

交換してあげるという

詐欺サービスです。

 

旧紙幣が使用できなくなるのでしょうか?

調べてみても、

そのようなことはありませんでした。

 

基本的に、旧紙幣であっても、

日本銀行券にはかわりなく、

普段の決済に使用できるとのことでした。

 

では、特例はあるのでしょうか?

それは、今までに3回あったそうです。

 

 

・関東大震災後の焼失兌換券の整理(1927年<昭和2年>)

・終戦直後のインフレ進行を阻止するためのいわゆる新円切り替え(1946年<昭和21年>)

・1円未満の小額通貨の整理(1953年<昭和28年>)

(出展:日本銀行ホームページ)

 

 

初めて日本銀行券を発行してから

現在までに、

53種類あるそうです。

 

そのうち、上記の過去3回の特例の31種類は、

無効になってます。

 

それを除く、22種類は有効です!

旧紙幣が使いにくい方は、

銀行で交換してくれるので、

 

自分の足で、

銀行窓口に持ち込むことを

おすすめします。

スポンサーリンク

新紙幣と硬貨の発行時期に旧紙幣の有効期限のまとめ

今回、年号だけでなく、

紙幣も新しくなります!

 

新紙幣になるのは、

2024年ということでした。

 

これには、20年ごとに

新デザインにするという決まりがあったのです。

 

そして、500円硬貨も変更になります。

それは、2021年からと、

紙幣とは、別の日にちになってます。

 

硬貨の方は、

新しくする期間を定められてません。

その為、その時代に合わせて

その都度変更をされてます。

 

新硬貨や、新紙幣が発行されても、

旧紙幣は特別なことがない限りは、

使用可能です。

 

もし、旧紙幣が使用しにくいと

感じるのであれば、

銀行窓口で、

交換してもらえるので、

 

必ず自分で処理をするように

してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました