最果タヒの顔画像や大学は?詩集や作品一覧は?wiki風プロフ

アーティスト
出展:https://tv.yahoo.co.jp/のスクリーンショット

こんにちは。meguです。

 

2月28日に放送される

ゴロウ・デラックス

という番組に

 

詩人として今話題の

最果タヒさんが

出演されます。

 

出展:https://tv.yahoo.co.jp/のスクリーンショット

 

 

最果タヒさんが書いた詩が、

現在とても話題になっているそうです。

しかし、顔の公開が

されてないのですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

今回の番組出演にも

顔出しされておらず、

人形になってます。

 

最果タヒさんの

素顔がきになるところですね。

 

本名は公開されているのでしょうか?

出身大学や年齢も合わせて

調べてみました。

 

 

最果タヒ詩人の本名や年齢は?京都大学出身?wiki風プロフィール

活動名:最果タヒ(さいはてたひ)

生年月日:1986年

年齢:32歳

性別:女性

出身地:兵庫県神戸市

出身校:京都大学

職業:詩人・小説家

受賞歴:第44回現代詩手帖賞 第13回中原中也賞 第33回現代詩花椿賞

 

最果タヒさんは、

中学生の頃から、

ブログを書き始めたそうです。

 

ブログの読者からの薦めで、

 

『現代詩手帖』という雑誌に

2005年初投稿したところ、

入選されました。

 

その後も、

2007年までは、毎年なにかしらの

受賞を果たされています。

 

 

スポンサーリンク

 

2009年には、

初の短編小説を発表され、

『別冊少年マガジン』

『現代詩手帖』などでは、連載もされてます。

 

現在話題の詩人さんなんです。

 

最果タヒの顔は?なぜ出さないの?その理由や素顔の画像

 

最果タヒさんの詩は、特に若い人を中心にして

ファンが多いのです。

 

そんな最果タヒさんの素顔がきになるところ

なんですが、

公開されていないんですよ。

 

今回の番組では、

アルマジロひだかさん(@dillo_dillo )の

編みぐるみくんが代理での登場になるようです。

 

出展:https://tv.yahoo.co.jp/のスクリーンショット

素顔を公開されていない理由は、

作品に対しての思いからだったのです。

 

 

スポンサーリンク

 

それは、

固定観念なく、フィルターを通さずに

作品を見てほしい

という思いが理由なんです。

 

糖分は、プロフィールや、素顔は

非公開になりそうですね。

 

最果タヒさんの詩を読みながら、

どんな人なのか

妄想しても

面白いかもしれません。

 

最果タヒの詩や作品一覧やおすすめは?展示場所も知りたい 

最果タヒさんの作品は、

数多くあります。

 

詩や小説の単行本や、

alexandrosの歌詞 ハナウタ feat.

もてがけられてます。

 

詩集の

【夜空はいつでも最高密度の青色だ】

も人気ですよ!

 

詩の意味を深くかみしめて読みこむと

味わいのあるものが多いです。

 

エッセイも出版されており、

【百人一首という感情】

では、

 

百人一首に登場される人物の

感情を、最果タヒさんの視点で

書かれています。

 

 

eテレ放送の

【ぼくの日記帳】に登場した

詩も話題になったそうです。

 

ぼくがぼくのままで生きることができるまで

ぼくは言葉で生き延びよう

 

というフレーズには、

最果タヒさんの詩人としての信念が

感じられました。

 

こころに

じんわりと響いてくる言葉です。

 

最果タヒさんの作品の

展示 が横浜美術館などで行われたり、

映画化も実現されているのです。

活動の幅が年々広がっています。

売れっ子さんです!

 

 

スポンサーリンク

 

最果タヒさんが生み出す言葉が

こんなにも沢山の作品を生んでいます。

 

言葉っていうものは、

ここまで人の心に影響を与えるものなのだと、

痛感したと同時に、

その言葉の力に気がつくことができました。

 

人の心をうれしくも、悲しくも、

センチメンタルにもさせるのです。

 

これは、固定観念をもってほしくない

という気持ちもよくわかります。

 

その言葉だけで、

最果タヒさんが伝えたい気持ちや事柄が

じわーっと伝わってきますよ。

 

今後の作品がとても楽しみです!

 

最果タヒのまとめ

現在若者に人気の詩人である

最果タヒさんは、

 

中学生の頃より、

詩をブログに投稿したことが

きっかけとなり、

 

現在は、詩集や映画化

個展、アーティストの作詞など

さまざまな場面で活躍をされてます。

 

今回は、テレビ初登場ということなんですが、

残念ながら素顔は未公開になるそうです。

 

その理由は、最果タヒさんの

作品に対する思いからこのような

行動をとってます。

 

 

なので、あまり捜索せず、

純粋に作品に触れていったほうがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました