食べたらどうなる?豚コレラの症状や人間感染の危険性と殺処分その後

話題

こんにちは。meguです。

 

豚コレラが拡大しているというニュースが

多数出てますね。

発生状況や場所も次々と報道されてます。

 

始めは、

岐阜県からの感染報告だけでした。

 

それが今回は、

岐阜、愛知、長野、滋賀、大阪の
5県にまで拡大してしまったそうです。

 

スポンサーリンク

家の近所だったらと思うと
人体の影響も心配ですよね。
拡大の原因は、
封じ込みに失敗したこと
だと言われてます。
封じ込みとは、
感染した豚を隔離し、処分し、さらには
消毒をすることだそうです。
飼育されている豚だけでなく、
自然の中で生活をしていた
イノシシにも感染していたことが、
今回の感染拡大という結果を
引き起こしたようです。
豚コレラは人間に感染するのでしょうか?
殺処分をしていますが、
私たちの影響はあるのでしょうか?
感染した食用肉は、市場に流出しているとも
報道されてます。
食べても大丈夫なんでしょうか?
詳しく調べてみました。

豚コレラの発生状況は?

現在、豚コレラの発生状況は、
日本農業新聞や農水省県庁ホームページにて
報告されてます。
ニュースでも大々的に報道されてますね。
始めは、
岐阜県でした。
その時は、イノシシから確認をされてました。
その後、養豚場や恵那、畜産研究所の場所からも
確認されてました。
イノシシ駆除の災害派遣なども出動され、
現場は凄いことだったのではないでしょうか?
発生原因は、
海外から持ち込まれた
豚肉などの食品を食べた
野生のイノシシが感染源
と言われてます。
その後も感染の拡大は続き、
愛知田原市や
豊田市トヨタファームの感染、
愛知県は知らずに
出荷もしてしまったようです。

 

スポンサーリンク

大阪府や長野県にまで
広がっているということなので、
今後も拡大する可能性が
ありますね。
今回感染源の
野性のイノシシの対策も
新たにとられてます。
野性のイノシシに、
経口投与のワクチンを接種させる方針に
なっているようです。
果たして、どこまで
ワクチンを接種させることが
できるのか、
今後の課題でもあります。
感染拡大を防ぐ為
豚コレラに感染した家畜を
殺処分という方法をとられてますが、
なぜ殺処分なんでしょうか?
その死体はどうなるのでしょうか?

豚コレラ読み方やワクチンとなぜ殺処分?その後死体はどうなる?

豚コレラの読み方は、
トンコレラ
と読むそうです。
私は、間違えて読んでました(笑)
今までの日本の対応ですが、
2006年までは
イノシシと豚に対して、
生ワクチン接種をしていたようですが、
その後、中止になり、
1992年の熊本県で感染したのを最後に
以後感染は見られなかったそうです。

 

スポンサーリンク

それが、今回2018年に
岐阜県での豚コレラが発生したのです。
野性のイノシシが、海外の豚肉食品を
食べたことで感染したと言われてます。
再び、イノシシと豚には
生ワクチン接種を検討しているそうです。
では、なぜ感染した豚を殺処分するのか
ということについては、
家畜防疫上の問題だそうで、
他の家畜に感染するのを
完全に防ぐ為なのだそうです。
畜場に出荷されでもしたら、
そこで一気に感染が広がってしまうから
なのだそうですよ。
鳥インフルエンザでもそうですが、
畜産にとって、その生体の病気は
致命的なものですね。
食肉は、人間にとっても
必要なことですし、
畜産を無くすことも
難しいですね。
その後の殺処分された豚ですが、
焼いて処理するのではなく、
埋めるそうなんですが、
その場所も、手一杯なようですよ。
処分した死体の処理は、
今後検討ということです。
そして、人間が食しても大丈夫だということを
ニュースでも強く報道されているので、
これは、食べてねってことですかね?

豚コレラの人への感染経路や症状は?食べるとどうなる

豚コレラが人に感染するかどうかが
きになりますね。
愛知県では、
豚コレラに感染した豚を
出荷したということですので、
もしかしたら、
感染した豚の肉を食してしまう
可能性があります。
豚コレラは、
豚やイノシシに特有なウイルス性感染病な為
人間には、感染しないようですよ!
それを聞いて一安心です。
しかも、感染した食肉や内臓肉を
人間が食べても感染しないそうです。
しかし、感染した肉を食べるのには
ちょっと抵抗がありますね。

 

スポンサーリンク

人間には感染しないそうなんですが、
コレラウイルスに感染した豚やイノシシは、
発熱し食欲減退、
急性結膜炎を起こす
初期に便秘から下痢に移行
全身リンパ節や各臓器の充出血、
点状出血
というのが症状だそうです。
原因ウイルスが
アフリカ豚コレラになった場合は、
被害がもっと拡大するそうです。
中国では、拡大しすぎて
対処不能になった過去があります。
日本でも、
アフリカ豚コレラの感染が見つかったら、
大変なことになります。

豚コレラのまとめ

今回、2018年に岐阜県で確認された

豚コレラは、

その後、拡大してしまい、

現在は、愛知県・大阪府・長野県・滋賀県

にまで拡大してしまいました。

 

その原因が、

岐阜県でも発生の原因となった

野性のイノシシの感染

でした。

 

今後は、経口生ワクチンを

野性のイノシシにも摂取させることで

対応されるようですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

感染した食肉は愛知県で

出荷されてますが、

 

人間には感染せず、もし感染した肉や内臓を食しても

安全だということでした。

 

拡大がこれ以上広がらないように、

殺処分もかなりの規模で

行われてます。

 

今後、この感染が拡大しないことが

願いですね。

 

畜産の方々も本当に大変だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました