小蝶羽花はハーフ?年齢や経歴に彼氏と病気の予後は?wiki風プロフ

こんにちは。meguです。

モデルで活躍されている

小蝶羽花さんのブログに、

パーキンソン症候群になったという

記事があります。

出展:アメブロ

この病気は、

薬が効かず

徐々に筋力がおち、

進行が進むと

6年後には、

寝たきりになって

最後には、

食事や呼吸も出来なくなっていく

病気です。

 

スポンサーリンク

この病気になる前には、

虫垂炎にかかってました。

その時は、

合併症にかかったそうで、

そのセカンドオピニオンを

受けにいった矢先でした。

虫垂炎と、

パーキンソン病の関係は

あるのでしょうか?

小蝶羽花さんの年齢や経歴も

合わせて

調べてみました。

小蝶羽花さんの年齢や経歴は?ハーフなの?wiki風プロフィール

名前:小蝶羽花(こちょう うか)

生年月日: 1988年11月11日

年齢:30歳

出身地:オーストラリア

住居:東京都

職業:モデル

 

小蝶羽花さんは、

アメブロを見ておると、

オーストリアもしくは

ロンドン出身ではないか

と思います。

出展:アメブロ

お友達の家に宿泊した

という記事も

ありました。

 

スポンサーリンク

しかし、入院の姿での記事

では、

ハーフに間違われる

とも記載されており

不明ですね。

現在は、

東京都に住んでいます。

所属事務所は

不明でした。

全東京写真連盟

というモデル撮影会をしている

アマチュア写真団体に

所属されてます。

職業はモデルさんです。

グラビアの仕事もされてました。

カップサイズは、

Fカップあるかと

思います。

出展:アメブロ

肌が白くて、

とても可愛らしい方です。

コミックマーケットにも

コスプレ姿で登場されています。

 

スポンサーリンク

オーストリアから

日本へ来たきっかけは、

不明でした。

現在は、モデルとして活動しつつ

アメブロもされてます。

最近の記事では、

重大発表がされてました。

小蝶羽花がパーキンソン症候群になったきっかけは虫垂炎?

小蝶羽花さんは、

10月に

虫垂炎にかかりました。

1週間で無事退院したものの、

その後の

ロンドン、

オーストリア、

ドイツの旅に

11月までしていたせいか、

疲れも相まって、

合併症にかかったようです。

出展:アメブロ

熱がでたと、

記事にされてました。

 

スポンサーリンク

その合併症に罹患した時に、

セカンドオピニオンを受けにいった時、

パーキンソン症候群に

かかったことを

医師から告げられたそうです。

これは、びっくりですね。

虫垂炎の合併症や

その因果関係は

あるのでしょうか?

虫垂炎の合併症はなに?

炎症した虫垂を

切除する手術をされたそうです。

手術後1週間で無事に退院され、

10月11月に

ヨーロッパへ行かれたそうですが、

帰国後に合併症を発症されました。

合併症は、

腸管・他臓器損傷:虫垂を取り出した時に他の臓器が傷つく

縫合不全:つなぎ目がうまくつかず、腸液が漏れる

腹腔内膿瘍:手術では完全に取り除けなかったもの

大出血:かさぶたや縫合糸がほどける

などがあるようです。

小蝶さんは、どのような合併症を

引き起こされたのかは

不明ですが、

調子を崩し

熱が出ている記事もあるので、

辛い合併症だということが

解ります。

パーキンソン症候群ってどんな病気?寿命は?虫垂炎との関係

パーキンソン症候群は

パーキンソン病とは

違います。

パーキンソン病は、

緩徐進行性の代表的な

錐体外路系変性疾患です。

主に、運動性の異常が見られます。

遺伝的な要素が大きい

ようです。

 

スポンサーリンク

パーキンソン症候群は、

パーキンソン病と似ているが

異なる病気の集まりや、

パーキンソン病の症状である

動きを指します。

薬剤が原因の

薬剤性パーキンソニズム、

脳血管障害が原因の

脳血管性パーキンソニズム、

外科的治療で治る可能性のある

特発性正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫、

パーキンソン病以外の神経変性疾患

(多系統萎縮症のパーキンソン型、

進行性核上性麻痺のパーキンソン型、

大脳皮質基底核変性症)

などが含まれるそうです。

虫垂炎との因果関係は、

調べてみたところ不明でした。

逆に、パーキンソン症候群を引き起こす

タンパク物質が

虫垂には多いので、

虫垂を切除されている方の方が

発症しにくい

という論文もあるようです。

原因は、

小蝶さんが医師に説明を受けたことと

思いますので、いつか、

アメブロ記事にされるかも

しれません。

医師には、

薬が効かないことや

進行すると、6年で寝たきりになることを

説明されたようです。

予後は、

誤嚥性肺炎などの感染症が

直接死因になることが多いそうなので、

寝たきりになった時から

命の危険が高まっていくようです。

闘病生活を頑張ってほしいですね。

小蝶羽花のまとめ

小蝶羽花さんは、

30歳の年に、

パーキンソン症候群を

発症されました。

その数か月前には

虫垂炎の手術を

されたところでした。

合併症にもかかり、

小蝶さんの体調が心配ですね。

 

スポンサーリンク

パーキンソン症候群の予後は、

寝たきりになって、

肺炎やその他の感染症によって

なくなることが多いそうなので、

合併症が無事に完治しないと、

体力低下による

感染症で、亡くなる可能性も

高いのでしょうか?

早く元気になってほしいです。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336