離島留学?小中学高校生親子や夏休み期間に募集は?不登校に人気で口コミ評価は?

こんにちは。meguです。

12月16日に放送される

ナニコレ珍百景

という番組に

小中学生の離島留学

取り上げられます。

番組では、日本全国の離島留学

の中から、

新潟の離島ということで、

おそらく

新潟県粟島浦村 の、

しおかぜ留学制度が

紹介されるみたいです。

 

スポンサーリンク

そのような制度があるなんて

知らなかったです!

現在、人気なようで、

そのお陰で、島の学校はつぶれないで

済んでいるようです。

両親と、移民までされている家族も続々と

増えており、

過疎化にも

歯止めが利いているみたいですよ!

離島留学とは、

どのような制度なのでしょうか?

募集期間や料金と

利用条件などもきになります。

実際留学された方の

口コミはどうなんでしょうか?

気になるので調べてみました。

離島留学ってなに?はじまりや国土交通省が発表!寮生活なの?

離島留学ってなんでしょうか?

調べてみたところ、

離島に、

島外の子どもたちが

里親のもと等から通学する制度

だそうです。

両親と離れて、

里親と一定期間生活するようです。

場所が国内の離島というだけで、

海外の留学と似ています。

現在この制度を実施している場所を

国土交通省がまとめて発表もされてました。

出展:http://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku11_hh_000060.html

場所は北海道から、

九州までとなっており

42か所実施されてます。

 

スポンサーリンク

対象年齢は、

場所によって様々です。

小学生~高校生まであります。

そして、普段住むところは、

合宿型もありますし、

里親型や、親子型、

祖父母の宅から

というものもあるようです。

離島留学制度人気は長崎県壱岐高校や久米島町高校に神津島高校?

離島留学制度を調べていると、

長崎県壱岐高校や、

東京都伊豆諸島神津島高校に、

沖縄県久米島高校の名前が

出てきます。

おそらく、検索される方が多く

それだけ人気や知名度が

高いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

どこの離島も

自然豊かで、

とても良いところです。

こんな素敵な場所で過ごす

高校生活は

考えただけでも

楽しそうです!

都会にもどったら、

自然が恋しくなってしまうこと

間違いなしです!

高校生となれば、

親元から離れることに

抵抗はないかと

思います。

なので、留学制度を利用しようかと

考える方も

小学生や中学生よりも

多いと思います。

さっくりと、

三校の紹介をまとめると、

久米島高校は、11月に

毎年10名程度募集してます。

編入・転入には

対応しておらず、

新たに高校1年生に上がる年の方を

対象にしてます。

住居は、寮生活です。

交流学習センター

「じんぶん館」の宿泊施設が

寮となるそうです。

期間は、

高校3年生までの期間です。

特徴は、

久米島高校だけのプログラムがあり、

ハワイ郡コナ市にある

コナワエナ高校へ、

毎年夏に3週間の

短期留学ができるプログラムです。

費用も、9割を町が

負担してくれます。

東京都立神津高等学校は、

試験的にショートステイを行ったところ

大変にも好評だった為、

離島留学制度を2016年より

取り入れてます。

留学生は

島内のホストファミリー宅

もしくは

学生寮「しらすな寮」に

滞在します。

滞在費用の補助が

あるのがいいですよ。

在校生は医療費が無料で、

ホームステイの月額費用8万円のうち、

半分を村が負担してくれます。

募集人数や募集開始のお知らせは、

10月ごろに

神津村役場のホームページより

お知らせがあります。

長崎県壱岐高校は、

不登校などを経験した生徒の

「生きる力」を育むコースや、

中国語・東アジア歴史コース等があります。

費用の補助もあり、

交通費用や、

ホームステイ費用3万円補助します。

なので、ホームステイや、寮の費用は、

4万円~4万5千円位だそうです。

入学願書期間は、1月の半ばです。

住居は、対馬高校や、五島高校のみ

寮があります。

その他は、ホームステイになってます。

対象は、中学卒業若しくは

中学卒業見込みのある方だそうです。

離島留学制度は小学生や中学生の夏休みはどうなる?

離島留学制度は、高校生だけでなく

小学生や中学生からもあります。

対象年齢は、

小学高学年からが主です。

さすがに、低学年や中学年は

年齢的に自活するのが困難なので、

難しいと思います。

 

スポンサーリンク

そして、夏休み期間中は、

ブログなどをみると、

寮もお休みなようです。

その為、実家に帰たりと、

皆自由に

過ごされているようです。

逆に夏休みを利用して、

離島留学制度を検討されている方の為の

体験会なども

あるようです。

夏休み・冬休み・春休みを

利用したものを短期山村留学

ともいうそうですよ!

そこでしかできない体験ができると、

人気なんです。

子供も楽しいし、

様々な体験を子供にさせたい

という親のニーズにも

応えてます。

今回は、

番組でも取り上げられる、

新潟県の粟島浦村の事業、

しおかぜ留学を紹介します。

対象は、

小学校5年生から

中学校3年生までの児童生徒です。

協調性を有し、

共同生活が出来ることや、

馬の飼育や地域活動に参加する意欲も

必要です。

定員は、15名程で、

生活は

寮生活になります。

料金は、

留学費用と、学校費用やおこずかいで、

月額6万円程です。

馬の飼育は

中々できませんね!

自然と共に生活できる経験は

財産になることと思います。

離島留学制度の利用者は不登校の子もいる?ブログやフェイスブックは?

離島留学制度を利用される方は、

活発で、離島の生活に興味のある

健康な子を対象としたところもありますが、

不登校生徒やゲーム依存の方も

数多いようです。

親子で離島留学も出来るところも

ありますので、

一家揃ってという家庭も

少なくはありません。

親心的にも

離島留学制度は、

魅了的なんです。

出展:Facebook

環境が変われば、

不登校も解消されるかも

しれないと、

 

スポンサーリンク

わらをもつかむ気持ちで

制度を利用される方もいると

思います。

長崎県五島高校は、不登校等の

プログラムもあるので、

そういったところを利用される方も

多いです。

不登校は、お子さんも苦しいし、

家族も苦しいです。

それを解決する手段として

利用される方が

増えているのです。

離島留学制度親子の受け入れや留学費用はどうなる?

親子の場合は、

移住となるようです。

いわゆるIターンになりますね。

その為、移住支援があります。

お子さんは、

寮を利用することもできます。

 

スポンサーリンク

壱岐島の小学中学生では、

3万円・二人目1万円かかりますが、

同額の補助金もあります。

家族が笑顔で楽しく充実した生活を

送ることが

できるのなら、とてもよい制度です。

離島留学制度のメリットデメリットと口コミは?

離島留学制度のメリットとデメリットは、

あるのでしょうか?

メリットといえば、

環境が変わることで、

できない体験を得ることができますね。

生活面でも、自立することができると

思います。

 

スポンサーリンク

デメリットは、

費用の面と、

馴染めない場合があることでしょうか?

実家に帰りたくなっても

中々帰れません。

ホームシックになることも

あるかと思います。

その点がネックですね。

後は離島ならではの、

医療機関が遠かったり

夜間の対応とかは

どうなんでしょうかね?

離島留学制度のまとめ

離島留学制度を利用される方が

年々増加しているそうです。

制度を取り入れる地域も

増えているそうです。

対象年齢も

小学高学年から

高校生まであります。

 

スポンサーリンク

単身だけでもできますが、

親子でも可能なんです。

利用される方の中には、

不登校等を経験されたことの

ある生徒さんが

増加傾向であり、

五島高校では、そういった方を対象にした

コースを設けてます。

少子化が進んでいる中で、

日本の未来を担っていく子供が

生き生きと生活できるような

そんな日本であってほしいところです。

うつ病や不登校に、

ひきこもりや統合失調症などは

とても深刻ですよ。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336