主婦映画プロデューサー益田裕美子イランの映画賞総なめ!娘や経歴と資金は?

こんにちは。meguです。

10月29日に放送される

帰れマンデー見っけ隊&

激レアさんを連れてきた

のコラボスペシャル番組に

益田裕美子さんが

出演されます。

益田裕美子さんは、

普通の主婦でした。

しかし、益田さんの娘が

主演する映画を

作ろうと思って大奮闘した結果、

イランの映画賞を総なめにした上に

そのまま映画プロデューサーに

なっちゃった激レアさんなのです。

元は主婦だった益田さんは、

イラン映画賞を

総なめにできる程の

完成度の高い映画を

どのように

作成されることが

できたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

そして、その娘さんの現在も

きになりますね。

無謀すぎる挑戦を救ったのは

意外過ぎる○○だったそうですが、

なんだったのでしょうか?

その他にも

映画作成資金調達などが気になります。

益田裕美子さんについて

調べてみました。

映画プロデューサー益田祐美子の年齢と出身は?wiki風プロフィール

名前:益田裕美子(ますだゆみこ)

生年月日:1961年

年齢:57歳

出身地:岐阜県高山市

出身校:金城学園大学

職業:映画プロデューサー・平成プロジェクト代表取締役社長

代表作:風の絨毯

結婚:既婚

受賞歴:「高齢者用商品開発への提言と実際」商品研究大賞受賞。

(所属)

内閣府「生活者の観点からの地域活性化調査」委員、

第2・3・4回経済産業省ものづくり大賞審査員、

瀬戸内国際こども映画2011 総合プロデューサー、

防衛省航空幕僚幹部援護推進委員と「ヒロシマ平和賞」選定委員

益田裕美子さんは、

岐阜県高山市出身です。

金城大学卒業されており

卒論では、

「高齢者用商品開発への提言と実際」

が、

商品研究大賞受賞をされてます。

その後、結婚され、

お子さんも生まれます。

凄い才能を

もっている益田さんは、

主婦として、

しばらくの間

生活していたのです。

 

スポンサーリンク

そんな生活に転機が生まれたのが、

40歳頃のことだったそうです。

当時、10歳の娘さんが

映画の仕事を

受けたことだったのです。

その映画の作成は、

過酷だったようで、

娘さんは、降りる!

と、

せっかくの映画出演を

辞めようと

していたのでした。

益田裕美子はなぜ映画プロデューサーになったの?経歴やきっかけは?

益田裕美子さんは、

娘を映画に出演するため

娘の為に映画をつくることを

決意します。

何故、イラン映画なのかというと、

たまたまペルシャ絨毯を

購入したことから、

興味が湧き、

イラン映画を見ることが

増えていったからでした。

益田さんの凄いところは、

行動力が凄いところなのです。

日本の映画会社に企画を持ち込むも

断られ、

絶望的だった時

イラン映画の子供が主演映画が

アカデミー賞を獲得したことから、

イランの映画会社と直接交渉し、

制作することに

したのです。

 

スポンサーリンク

情熱の赴くままに

飛行機にのり

イランに渡って

直接交渉されたのです。

映画が完成するまでには、

イラン映画会社の

契約書すり替え事件があったりと

悪質なトラブルにも、

見舞われたのですが、

益田裕美子さんの

行動力が勝利し、

無事に完成し発表することが

できたのです。

映画制作の資金調達には

かなり苦労されたようですよ!

映画プロデューサー益田裕美子の旦那は?1億円もの資金はどうやって調達したの?

益田由美子さんの旦那さんは、

どのような方なのか

調べてみました。

二人は岐阜で結婚され

転勤にあい

東京暮らしされていた

そうですが、

詳しい情報がありませんでした。

映画制作には、

膨大な資金が必要だった

ということで、

その資金調達の為、

車を売って

家まで担保にしたそうです。

生活のすべてをかけていた

益田裕美子さんに、

旦那さんは、理解を示して

共に生活のすべてを

かけていたのです。

すてきな旦那さんです。

3億5千万円を集めた主婦は、

世界をつなぐ映画プロデューサー。

という書籍を出版されてます。

 

スポンサーリンク

資金調達の方法は、

車を売って、

家を担保にお金を借りただけでなく

コンテンツ企画集団

「平成プロジェクト」を

立ち上げたきっかけ

となった

月刊「Home Economist Wise」

の誌記者をされたことです。

これは、結婚を機に旦那さんの

転勤で、東京に移り住んでいた時期、

何かを始めようと

思い立ってされていた仕事でした。

この会社は、一時期

倒産寸前にまで追い込まれるも

無償で、記事を益田さんが

書き続けたことにより

黒字と転化したのです。

その会社の株が

3000万円だったようですよ!

これは、原資金だったそうです。

益田さん、

凄い才能ですね。

ただの主婦ではなかったのです。

そんなこともあり

資金調達に成功されたのです。

映画プロデューサー益田祐美子の会社平成プロジェクト!現在娘は?

現在は、

平和プロジェクト

という会社を

1991年に

設立されました。

会社は、東京都千代田区と

岐阜高山市に

あります。

この会社は、

映画の総合プロデュース事業を

行っています。

制作だけではなく

イベントや書籍まで

幅広く行っているのです。

そういえば、

益田さんが

映画のプロデューサーになる

きっかけとなった

娘さんは、

現在何をされているのでしょうか?

調べてみたところ

情報がありませんでした。

現在は女優として、

映画出演などされているの

かもしれません。

映画プロデューサー益田祐美子作品一覧!飛騨高山舞台の厨子も人気!

益田裕美子さんの

主な作品は、

2002年の

風の絨毯から始まり

 

スポンサーリンク

2004年:平成職人の挑戦

2008年:蘇る玉虫厨子 時空を越えた「技」の継承

2009年:築城せよ!

2011年:海峡をつなぐ光 ~玉虫と少女と日韓歴史ロマン~

2013年:李藝 最初の朝鮮通信使

2013年:瀬戸内海賊物語

2015年:シネマの天使

2016年:サンマとカタール 女川つながる人々

2016年:ハイヒール革命

2017年:こいのわ 婚活クルージング

2018年:一陽来復 Life Goes On

2018年:家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

沢山の映画作品が

あります。

今年も2本の映画が公開されてます。

映画プロデューサー益田裕美子のまとめ

映画プロデューサーとして

活躍されている

益田裕美子さんは、

娘さんがきかけで、

現在の活動をすることに

なりました。

始めの映画を完成させるには、

かなりの困難が

ありました。

それを乗り越え

現在は、会社を設立し、

プロデューサーとして

受賞される程の

実力となったのです。

元は、主婦だった

ということでしたが、

その経歴をみると

驚く程優秀な方だったのです。

そして、素晴らしい行動力が

合わさり、

念願の映画を完成されました。

今後の活動も

期待してます。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336