アメリカユタ州公立図書館立てこもり事件の真相や犯人と現場のその後は?

こんにちは。meguです。

9月20日に放送される

奇跡体験!アンビリバボー

という番組で

1994年3月に起こった

アメリカ・ユタ州にある

公立図書館での立てこもり事件

紹介されます。

 

スポンサーリンク

この実験は、

図書館で、銃を持った男が暴れだし

その場にいた人10人を人質に

立てこもったそうです。

そして、信じられない結末を

迎えるそうですよ!

信じられないというと、

犯人が優しくなって釈放してくれた

とかでしょうか?

それとも、犯人がその場で

自殺をするのでしょうか?

気になります。

この事件は、

ソルトレイクシティ図書館人質事件

と呼ばれている事件なようです。

事件の犯人や

真相と結末を合わせて調べてみました。

アメリカユタ州公立図書館はソルトレイクシティ図書館人質事件だった!概要

事件名:ソルトレークシティ図書館人質事件

発生日時:1994年3月5日

発生場所:アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティの公立図書館

犯人:クリフォード・リン・ディーパー

身体に爆弾を付け、

手には銃を所持した男性が、

突然図書館内で暴れだします。

丁度、図書館の

ベテラン女性職員である

グウェンページさんが

館内を歩いている時でした。

 

スポンサーリンク

その後犯人は、

自分の周囲にいた人を

人質としたのです。

始めは16人いたそうですが、

そこから7名脱出し、

最終的には、

9名の人質をとったそうです。

犯人は、人質をとりかこみつつ

自らの欲求を書いた紙を外部に渡すよう

人質に指示しました。

その手紙は、

たまたま当日

警備訓練の準備で図書館に訪れていた

警察官のロイド・プレスコットさんの手に

渡ります。

その手紙を見て

ロイドさんが人質に加わることを

決意されます。

ロイドさんが、5時間説得を試みるも

欲求を通そうと犯人は譲らなく、

そのうちに犯人は、欲求が通らない為、

人質を殺そうとします。

そして、人質の一人が

重度の糖尿病だったため

直ぐにインシュリンを打たないと

危険な状態でした。

ロイドさんも犯人も焦りはじめ、

ロイドさんは、犯人のスキをついて

5発程発砲し、

犯人は死亡しました。

そして、事件は収束しました。

ロイドさんが事件を解決されたのです。

アメリカユタ州公立図書館立てこもり事件の犯人や犯行動機は?

犯人は、クリフォード・リン・ディーパー

という男性でした。

 

スポンサーリンク

職業は、元アメリカ軍でした。

犯行目的は、

借金の返済だったようです。

人質と引き換えに

金銭をもらおうと思っていたようです。

自らの身体に爆弾を付け、

銃で必死に脅したのです。

そんなに必死にお金を集めないと

どうしようもなかったのでしょうか?

働いても返せない程の

借金苦であったのでしょうか?

自らの欲求を記載した

外部に出した手紙の内容は、

ジェット機

金の塊

ビル・クリントンからの恩赦

等でした。

お金をもらって逮捕を逃れ

海外に逃亡したかったようですね。

お金の力は凄いです。

人にこのようなことを起こす動機となるのですね。

犯行現場や、ヒーロー警察官のその後は?

次のページへ!

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336