藤田信雄海軍中尉アメリカ本土襲撃した唯一のパイロットが現地で英雄に?ルックアウト空襲

こんにちは。meguです。

8月9日に放送される

奇跡体験アンビリバボー

という番組で

世界で唯一アメリカ本土を

爆撃したパイロットが紹介されます。

その方は茨城県土浦市に住んでいた

藤田信雄さんです。

 

スポンサーリンク

藤田さんは一度

たけしとさんまさんの番組に

83歳の頃出演されてました。

藤田信雄さんが

このような任務を遂行したのは

日本のパイロットの中で

際立って腕が高かったからです。

そして藤田信雄さんは現在、

爆撃した現地の英雄でもあるのです。

その場所には

藤田さんのお子さんが

訪問するなど交流が続いているようです。

今回は、藤田信雄さんについてや

海外の反応についてを

調べてみました。

藤田信雄はアメリカ本土空襲した唯一のパイロット!経歴は?

名前:藤田 信雄(ふじた のぶお)

生年月日:1911年10月 ~ 1997年9月

職業:帝国海軍の軍人

最終階級:飛行兵曹長(特務士官たる中尉)

除隊後:ブルッキングズ市の非公式大使

藤田信雄さんは21歳の頃である

昭和7年に日本帝国海軍に入隊され

翌年にはパイロットになられます。

昭和16年の真珠湾攻撃の時は伊25に乗りました。

その後、南太平洋の偵察任務をされます。

主に、偵察任務が多かったようです。

翌年の昭和17年に

軍令部より

単独による空爆を命じられます。

空爆の場所は

オレゴン州の山中です。

山火事を狙っての空爆でした。

横須賀から伊25に乗り

アメリカへ向かいます。

その後、カリフォルニア州と

オレゴン州の境界線の西側に浮上します。

 

スポンサーリンク

そこから、

藤田さんは奥田兵曹と共に

E14Yに乗り

2個の焼夷弾(合計155キログラム)

を積み飛び立ちます。

1個はオレゴン州の

エミリー山脈の

ホイーラーリッジに落ちます。

もう一個は不明です。

アメリカ林野部の作業員に

日本が起こしたものだと

認知されるも

小規模の火災だった為

直ぐに消火されてしまい、

結果的には、

上官に怒られることになります。

この空爆法を後に

ルックアウト空襲

として戦法の一つ

になってます。

出展:Wikipedia

3週間後には

再度空爆するよう命じられ

実行されます。

 

スポンサーリンク

藤田さんは、

【爆弾を投下し炎を見た】

と報告したそうですが

現地の人はそれを認知

していませんでした。

その後は、パイロットとして

主に偵察任務に従事されます。

海軍特務少尉に昇進

果たされます。

昇進後は

航空隊付教官をされてます。

藤田さんは、

戦争で仲間が次々と亡くなるのを見て

自身も終戦直前に

特攻隊に志願され

練習にも参加されます。

しかし、終戦になり

一度も特攻隊として

飛び立つことは

ありませんでした。

戦後は特務士官たる

海軍中尉に昇進されてます。

海外の反応は?

次のページへ!

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336