【現在】葉加瀬太郎の妻と娘に息子!団地住まいで連れ子再婚の過去

アーティスト

バイオリニスト

葉加瀬太郎さんが

パラリンピックの応援ソングを担当されてます。

今では母校の芸術顧問も努めているほどの

実力があるんですが、

その才能を引き出した母親が凄かったそうなんです。

 

葉加瀬太郎さんの現在の妻や子供に凄い母をまとめてみました。

スポンサーリンク

葉加瀬太郎の本名と母校や母親は?wiki風プロフィール

名前:葉加瀬 太郎(はかせ たろう)

本名:髙田 太郎(たかた たろう)

旧姓:葉加瀬太郎

出身地:大阪府吹田市

在住:ロンドン(2017年現在)

生年月日:1968年1月23日

年齢:50歳

身長:178cm

出身校:京都市立堀川高等学校音楽科

職業:ヴァイオリニスト、ミュージシャン、京都市立京都堀川音楽高等学校芸術顧問

所属事務所:ハッツマネージメント

所属レーベル:HATS UNLIMITED(本人が音楽監督)

妻:タレント・髙田万由子

親戚:高井達雄(作曲家)

 

葉加瀬太郎さんは、

バイオリンを4歳の頃から始めたそうです。

 

当時、住んでいる地域では、

習い事ブームだったようで

葉加瀬さんもそのブームに乗って

始めたようです。

 

 

毎週金曜日に公民館で

練習をされていたようです。

 

噂では、ピアノを始めは

希望していたようですが

 

住んでいるところが

団地ということもあり

 

下の階や横のお宅に響いては困るからという理由で

バイオリニストを選んだようです。

10歳からは

本格的にヴァイオリン教室に通い始め

中学2年生の頃に

西日本コンクールで2位となってます。

 

高校は、

京都市立堀川高等学校音楽科

(現在の京都市立京都堀川音楽高等学校)

を卒業され

 

東京芸術大学音楽学部

器楽学科バイオリン専攻に進学され

 

学生同士で

【クライズラー&カンパニー】

というバンドを立ち上げます。

 

出展:Amazon

 

その後、

中途退学されて

バンドも解散。

 

しかし、退学・解散後は

 

1996年に

セリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加

 

1997年には

【watashi】でソロデビューされてます。

スポンサーリンク

葉加瀬太郎は団地住まいで母親子連れ再婚の過去

 

1学年10クラスという

日本でも有数の巨大団地である

 

千里ニュータウンの団地っ子

であった葉加瀬太郎さんは

 

 

実は一度両親が離婚されてます。

 

 

母親は、幼い太郎さんを連れて再婚され

葉加瀬家に入られます。

 

しかし、

再度離婚をされるのです。

 

現在は、妻の婿養子として

姓を葉加瀬から

高田に変更されてます。

 

実の母親の現在は、

再婚されているのか

葉加瀬家を出て独身でいるのか

不明です。

スポンサーリンク

バイオリニスト葉加瀬太郎の嫁画像や妻の実家は?

葉加瀬さんは、

1999年に

タレントの髙田万由子さんと

結婚されています。

 

出展:ネイバーまとめ

 

現在は二児の父でもある葉加瀬さんは、

婿養子として高田家に

入られてます。

 

結婚当初は

髙田万由子さんの両親が

猛反対されていたようです。

 

その理由は、

高田家の過去にあります。

 

明治時代に武器・機械商として

財を成していた高田家は

 

「明治三大貿易商之一」

 

とまでいわれた

高田商会の高田慎蔵の末裔なのです。

 

その資産は桁はずれで

万由子の祖母は

東京都港区虎ノ門に

大正時代の豪邸を所有されてました。

 

その資産額は

時価200億円ともいわれてます。

 

2002年に解体され

現在は、

虎ノ門タワーズオフィスになってます。

 

出展:https://www.google.com

 

奥さんは

財閥の末裔だったのです。

 

 

 

葉加瀬さんのW不倫の真相は?

次のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました