チョーク会社日本理化学工業は知的障がい7割!日本一幸せ社員?アンビリバボー

こんにちは。meguです。

5月17日に放送される

奇跡体験アンビリバボー

という番組に

害のないチョークやガラスにかけるチョークを開発され

売上日本一となったチョーク会社

日本理化学工業が紹介されます。

この会社の社員は7割の方が知的障がい者で

そのうち重度の行動障がいを持つ方も社員として

働く喜びにあふれチョークを作り続けてます。

そこの社員の方は満足度が高く

就職されたほとんどの方が定年まで働き続けているそうです。

素敵な会社なのですよ!

現在は、ブラック企業と言われてる会社が

問題になってます。

障がい者に安い賃金で他の社員と同じ内容で働かせたり

簡単に解雇したりと

その待遇が悪徳な会社もあります。

 

スポンサーリンク

そんな中

働きたい方にその場所を提供し

且つ満足度が高いとは、素敵な会社です。

このような会社に成長するまでは

経営者の様々な苦労があったそうですよ。

日本理化学工業について調べてみました。

日本理化学工業の経歴は?

会社名:日本理化学工業株式会社(にほんりかがくこうぎょう)

種類:株式会社

設立日:1937年

本社:〒145-0066 東京都大田区南雪谷四丁目24番10号

川崎工場・営業事務所 : 〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地二丁目15番10号

美唄工場 : 〒072-0804 北海道美唄市東明二条3丁目2番10号

事業内容:事務用品等の製造販売

資本金:2000万円

代表者:大山隆久

主な製品:ダストレスチョーク・ダストレスラーフル(黒板消し)・キットパス(固形マーカー)・ラインパウダー・工事現場向け耐水チョーク

日本理化学工業は、昭和12年に設立された会社です。

設立したのは、現在の代表取締役社長を務めておられます

大山隆久さんの祖父に当たる

大山要蔵さんです。

その後を父親の大山泰弘さんが継いでます。

現在三代目社長は大山隆久さんが就任されてます。

代々受け継がれている創業50年以上の老舗です。

この会社に革命を起こしたのは

二代目の大山泰弘さんです。

 

スポンサーリンク

そして、現在は、

数多くの大臣表彰や自治体表彰等を受賞され

映画化もされてます。

書籍も出版されているのです!

障がい者の方から教わった究極の幸せに

ある友人が気付かせてくれます。

究極の幸せとは?

次のページに続きます。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336