【岐阜ヘボ祭り】世界一危険蜂祭りの開催場所や日時や内容は?【YOUは何しに日本へ?】

こんにちは。meguです。

2月26日に放送される

YOUは何しに日本へ?

という番組で

蜂祭りで蜂を食べたいカップルYOU

という事で、

昆虫食を研究する学者さんが出演されます。

そのお祭りは

世界一危険な祭りなのだそうです!

 

スポンサーリンク

そのような危険な祭りが

日本にあったのですね!

私の祖父が、良くイナゴの佃煮や、へぼを

美味しそうに食べてました。

お皿に盛られた、虫さん達は

食欲を失う程グロテクスでしたね。

気にせずに食べたら、

きっとおいしいのだと思いますが

虫に対する固定観念が外れず、

食べ物として認識できませんでした。

世界一危険と言われる蜂のお祭りは

岐阜で開催されていました。

気になるので調べてみました。

世界一危険な蜂の祭りは毎年開催されてる!

世界一危険な蜂祭りは、

岐阜県恵那市串原で行われてました。

開催日時は、毎年11月のはじめだそうです。

会の名前は、

くしはらへぼ祭り

というそうです。

実際に参加された方のブログ等を拝見すると

会場のあちこちに蜂が飛んでいるそうですよ。

飲み物に蜂がはいったり

身体に止まってとことこ歩いていたり

慣れてないと、怖いですよね!

蜂が近付いてきても平気な方にお勧めします。

万が一、蜂に刺されたら、

救護コーナーにて、応急処置をしてくれるので

安心です。

しかし、アレルギーの方は大変危険ですので

参加は控えた方が良いですよ。

生命にかかわることなので。

蜂が近寄ってきたり

蜂が身体に止まったりして来た時の対策は

決して、手で払おうとしたりしないこと

だそうですよ。

じっと動かずに、

どこかにいってしまうまで

耐えるのです!

とはいっても、

服の中や髪の毛の中に入ってきたら

恐怖で払いのけてしまいそうです。

世界一危険な祭りというのが納得出来ます。

くしはらへぼ祭りはどんなことをしてるの?プログラムは?

へぼ祭りは、10:00から始まります。

以下が内容になります。

毎年、内容はほぼ同じだそうです。

 

スポンサーリンク

8:30~10:00 出品巣・販売巣の受付

9:00~10:00 購入者受付

10:00~10:30開会式

10:30~11:45 巣の取り出し・軽量

12:00~13:00 審査集計・販売 抽選会 バンド演奏

13:00~13:30 結果発表 表彰式 講評 

13:30~14:00 意見交換

14:00~ 閉会式

会場では、へぼ料理も販売されてます。

特に人気なのは、へぼ五平餅だそうです!

食べる機会があったら、ぜひ食してみてください。

詳しい場所や行き方は?

住所:恵那市串原3146-3 串原コミニュティーセンター周辺

恵那市自主運行バス 明智駅前から串原ささゆり線 串原コミニュティーセンター下車

くしはらコミュニティセンターホームページより

駅から会場まで歩かれて

道に迷った方も見えます。

その為、バスの運行時間を

前もって調べた方がよさそうです。

まとめ

世界一危険な蜂の祭りは

食用クロスズメバチの祭りでした。

 

スポンサーリンク

開催場所は、岐阜市恵那市串原です。

開催日時は、毎年11月だそうですよ。

そのイベントでは、一般の方がハチの巣を持ち込まれ

計測し、重量の大きさを競い合うのです。

その他にも、巣の販売やへぼ料理の販売、

昆虫博士の講評などが聞くことができます。

へぼ料理についてを知ることができる

とても内容の濃いものなのです。

日本の食文化として、

今後も開催されて欲しいです。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336