片手手袋の世界に魅了された石井公二(片手袋研究家)の年齢や職業、出身大学は?方手袋画像!【マツコの知らない世界】

こんにちは。meguです。

 

スポンサーリンク

2月6日に放送される

マツコの知らない世界に

石井公二さん

が出演されます。

石井さんは、

片方だけの手袋を追い求めてるそうで

悲哀を感じる放置型、

慈愛を感じる介入型

片手手袋の不思議な魅力を

番組内で語ってくれます。

石井さんとは、どのような方なのでしょうか?

きになるので調べてみました。

片手手袋を愛する石井公二の年齢や職業は?wiki風プロフィール!

本名:石井公二(いしいこうじ)

生年月日:1980年

年齢:37歳

出身大学:玉川大学文学部芸術学科

職業:片手袋研究家?

受賞歴:神戸ビエンナーレ「アートインコンテナ国際展」に入選、奨励賞(2013年)

コニカミノルタ『ソーシャルデザインアワード2015』入選(2015年)

石井さんは、

幼少の頃(1986年)当時は6歳の時に

ウクライナの絵本『てぶくろ』を読んだそうです。

本の影響で、

道に片方だけ落ちている手袋が

気になり始めたのがきっかけです。

 

スポンサーリンク


石井さんが25歳の2005年からは

”片手袋”

と名付け、

本格的に片手手袋を調べるために

写真を撮ったり

発生のメカニズムなどを

研究されました。

同時に、mixiに片手手袋

コミュニティを作成されました。

現在でもコミュニティは活動されてます。

【かたてブログ】というブログもされていて

そこには、石井さんが撮影された

数々の手袋の写真が投稿されてます。

こういった手袋、たまに見かけます。

絵本のてぶくろみたいに

動物たちがお家にしてると

ほっこりしますね。

これも、石井さんが撮影されたものです。

おもいっきり忘れた感じの手袋に見えます。

この写真を見てると、

その手袋のストーリーなどが感じられます。

 石井さんが現在までに撮影した

片手袋の写真は4000枚以上にも上るそうで

片手袋研究は13年目に突入しているのです。

凄い探求心ですね!

片手の手袋にとりつかれているような勢いです。

こうやって撮影されてる手袋をみて

持ち主が気がつくことがあるのでしょうか?

無くして困ってる方も

見えるのではないかなと感じます。

 

スポンサーリンク


このように

石井さんが撮影してきた

写真や研究成果の発表は

主にネットで行ってきたそうです。

しかし、

2013年に神戸ビエンナーレ

「アートインコンテナ国際展」に

入選、奨励賞を受賞してからは

作品制作やメディア出演、

原稿執筆などもされてます。

次のページに続きます。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336