徳川埋蔵金を追い求めるトレジャーハンター・八重野充弘はどんな人?wiki風プロフィール!【ワケありレッドゾーン】

こんにちは。meguです。

 

スポンサーリンク

トレジャーハンターで長年活躍されてる

八重野充弘さんを知ってますか?

1月25日に放送される

ワケあり!レッドゾーン

に出演されます。

武田信玄が残したと言われる

徳川埋蔵金は実際にあると

八重野充弘さんは語ってくれるそうです。

八重野充弘さんと、埋蔵金について

気になるので調べてみました。

トレジャーハンター・八重野充弘の職業は?wiki風プロフィール!

名前:八重野 充弘(やえの みつひろ)

生年月日:1947年8月24日

年齢:70歳

出身地:熊本県熊本市

職業:著作家、埋蔵金ハンター

所属クラブ:日本トレジャーハンティング(クラブ代表)、日本推理作家協会、日本スペースガード協会

学歴:熊本大学教育学部附属小学校→熊本大学教育学部附属中学校→熊本県立熊本高等学校→立教大学社会学部

職歴:学研(~1983年)→くもん出版(~1992年)→作家・科学ジャーナリスト

趣味:パソコン(マシン組み立て、ネットサーフィン、画像処理、イラストなど)、ビデオ撮影、写真、アウトドア活動

大学卒業後八重野さんは、

主に教育分野で活躍されてました。

その後、科学ジャーナリストとして

主に子供を対象とした

講演や実験教室をされてます。

 

スポンサーリンク

その内容はエネルギーと環境問題、

最先端の科学技術などだそうです。

その他にも、1977年に

三角池探検記-天草四郎軍の遺宝を求めて』で、

第3回日本旅行記賞を受賞されたことがきっかけで

作家デビューされました。

その後、トレジャーハンティングについての

執筆活動をされてます。

トレジャーハンティングを始めたきっかけ

八重野さんが1974年に初めて

熊本県天草下島で

天草四郎の軍用金探しをしたそうです。

Wikipediaより

初めから「あるはずがない」と思っていましたが

それでも、埋蔵金発掘作業が楽しかったそうです。

そして、この作業がきっかけで

日本の埋蔵金研究の第一人者であった

畠山清行さんとの交流が始まりました。

そしてその3年後から

畠山さんと徳川幕府御用金の

調査を始められました。

真実を知る為に、

好奇心や探究心、

ロマンに突き動かされ

トレジャーハンティングの活動を

長年にわたりされてます。

もしも埋蔵金を発見したら

どうなるのでしょうか?

次のページに続きます。

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336