アロウカナ世界で唯一青い幸せの卵有精卵や雛は?どこで買える?

こんにちは。meguです。

最近、職場の方より 綺麗なパステルカラーの薄い緑の卵 を貰いました!

初めて見て聞く卵で、その鳥の名前は アロウカナ という名前の鳥の卵だったのです。

気になるので調べてみました!

アロウカナ?アローカナ?どっち?純粋種は?国産は勾配種が主流

アロウカナとアローカナどちらなのだろうか?と疑問になりました。

Wikipediaを見ると、アローカナと書いてありましたので、こちらが、原種名だと思います。

アローカナの原種(純粋種)

アローカナ(Araucana)

原産地 : 南米のチリ

特   徴 : 頬の両側に房状の羽(イヤータフ)

無尾( 尾羽ねは無し)

青い卵を産む (青い卵を産むアラウカナは、その珍しさから多品種と交配されている。)

特徴の イヤータフ がこちらの画像です。

イヤータフは卵から孵化した直後から直ぐに見分けがつき、頭の産毛より先に生え変わります。

頬っぺたのところの毛がイヤータフです。

ひよこちゃんの頃からあるみたいです。

わかりやすいですね。

何のためにこうなってるのかは、わかりませんでした。

もう一つの特徴は、尾羽が無い です。

尻尾の骨があるのか、ないのかは

骨がないのではという情報があります。

日本人に居るアローカナの殆どが勾配種?

インターネットで販売されてたり、現地販売されてるアローカナの卵の殆どが、

交雑種と書いてあります。

純粋種のアローカナの産卵数は年間150個(産卵率約40%)程度だそうです。

その為、白色レグホーン雌と掛け合わせるそうです。

色は、純粋種よりも薄いそうですが産卵性に優れてるので、市場に出回っているのは、交雑種が主だそうですよ。

種鶏場では、卵をよく産む白色レグホーンの雌にアローカナの雄を交配した交雑種のひなを譲渡しているそうです。

これが白いレグホーンです

私が貰った卵は、交雑種のものでした。薄いといえども、綺麗なうぐいす色でしたよ!

食べる時は、殻を割るのがもったいなかったです!

次のページでは、有精卵や値段、雛の販売について調べました

次のページに続きます。

              

関連記事
スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336